糖尿病

Q1 糖尿病とは?
A1

糖尿病とは、生活習慣病のひとつで、血液中にブドウ糖が余り慢性的に血糖値が上がってしまう病気です。すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが、細胞にブドウ糖を届ける働きをしているのですが、このインスリンが減ったり働きが悪くなるために、血液中のブドウ糖が細胞にうまく届かず、血液中にブドウ糖が余ってしまうのです。
症状としては、しきりにのどが渇く、多食、多尿、全身の倦怠感、体重の減少などがあります。
また、免疫反応が低下して炎症が起きやすくなったり、血流が悪くなって傷の治りが遅くなってしまいます。高血糖値の患者さんでは、治療して血糖値をコントロールしないと、狭心症、心筋梗塞などの心疾患や、腎不全、脳梗塞などの合併症が起きることも。
知らないうちになっていることもあるので定期的に検診を!

※参考書籍 「nico 2011.5 クインテッセンス出版株式会社」

Q2 糖質制限が糖尿病や歯周病に効果があるって本当ですか?
A2

糖尿病と歯周病は深い関係性があります。

最近では、糖質制限がこれらに有効であると言われています。

糖質制限について下記にまとめましたので、これまで考えられていた「カロリー」との違いも含め、正しい知識を身につけましょう。

■栄養学の常識は実は間違い

糖尿病に関して、これまでは次のように言われていました。

1.脂肪は体に悪い = 糖質、炭水化物は体によい
2.カロリーをたくさんとると太る = カロリーを減らすとやせる
3.コレステロールは体に悪い = コレステロールが多い食品は食べるな
4.和食は健康によい = 洋食は健康に悪い
5.和食が長寿のもとである = 洋食がメタボ、糖尿病のもとである

 

これらの説から導かれることとして、「炭水化物を60%、脂肪を20%、タンパク質を20%」の食事がバランスがいい食事と決めてしまい、全てこの枠で決めるのです。

しかし、これは「糖質制限を推奨する」という食事法から見れば、「強制糖質過剰摂取食」となってしまいます。

この食事バランスにはエビデンス、根拠はあるのかというと、じつは日本糖尿病学会でも、これには根拠がないということを認めています。

■糖尿病にとっての白米

お米はのど元過ぎたら砂糖と同じ」と言ったら、びっくりしますか?

栄養学的には、お米は砂糖と同じなのです。お茶碗1杯のご飯を150gとしますと、糖質量は55gで、これは角砂糖に換算すると17個分にあたります。

そういって説明しますと、拒否反応を示す方が多いことは、よくわかっています。

でも、これが真実です。

従来の糖尿病治療は、ごはんを食べ、砂糖をとって、薬を使え、ということです。

しかし、薬は使わなくとも、食事を「カロリー」ではなく「糖質量」で管理すれば血糖値は管理できるのです。

■糖質制限で食べてよいもの、注意すべきもの

肉類

食べてよい食品 牛、豚、鶏、羊、加工品
要注意食品   味付け缶詰

魚介類

食べてよい食品 魚、貝、甲殻類など
要注意食品   練り製品、佃煮など

乳製品

食べてよい食品 チーズ、バターなど
要注意食品   牛乳、ヨーグルトなど

※注意食品なし

豆類

食べてよい食品 大豆(ゆで)、大豆製品
要注意食品   きな粉、小豆など

野菜類

食べてよい食品 葉物など
要注意食品   かぼちゃ、にんじんなど

種実類

食べてよい食品 クルミ、ごまなど
要注意食品   栗、アーモンドなど

キノコ類

※注意食品なし

藻類

食べてよい食品 のり、わかめなど
要注意食品   佃煮類

調味料

食べてよい食品 醤油、みそ、塩、酢など
要注意食品   ソース、ケチャップなど

油脂類

※注意食品なし

嗜好飲料

食べてよい食品 焼酎、コーヒーなど
要注意食品   清酒、ビールなど

穀類・いも類

食べてよい食品 こんにゃく
要注意食品   米、小麦、いも類など

果実類

食べてよい食品 アボガド
要注意食品   果実全般、ジュースなど

菓子類

食べてよい食品 -
要注意食品   糖の入った菓子類

■糖質制限の効果

糖質制限は次のような様々な疾病・症状に対する治療法として確立されつつあります。

てんかん、アルツハイマー病、がん、糖尿病、肥満、メタボ、アトピー、アレルギー疾患、歯周病、認知症、加齢による変化への応用

とくに、1日15g以下の糖質制限食は「スーパーケトジェニック(ケトン食)」と呼ばれ、注目されています。

※参考書籍
 「ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか」
 宗田 哲夫  株式会社 光文社

Q3 歯科治療と糖尿病の関係って?
A3

糖尿病になると、免疫反応が低下して炎症が起きやすくなったり、血流が悪くなって傷の治りが悪くなってしまいます。そのため歯科治療のなかでも、とくに抜歯、歯ぐきの手術などの外科処置をする際に、特別な配慮が必要となります。
糖尿病の患者さんは、日ごろから血糖値をコントロールするとともに、これまでの病歴について、問診表などでお教えください。現在の体調や、受けている治療について歯科医師から質問させていただくこともありますが、安心・安全な歯科治療をご提供するためとても大切なことですので、ぜひご協力をお願いいたします。   
糖尿病の患者さんは歯周病になりやすいうえその進行も早く、治りにくいことがわかっています。また、近年では歯周病が糖尿病に悪影響を与えていること、そして歯周病の治療をすることが糖尿病の改善にも役立つことも明らかになってきています。
ふだんから歯みがきをていねいにし、歯科医院で定期的にクリーニングを受けるなど、歯周病の予防を心がけていきましょう。

※参考書籍 「nico 2011.5 クインテッセンス出版株式会社」

Q4 抜歯をしたあと、その後の経過を見せに何度か通院しなければならないそうです。糖尿病があるからでしょうか?
A4

糖尿病の患者さんは傷が治りにくいため患者さんによっては、治療後に何度か診せていただくことがあります。
きめ細かい診療が患者さんのお口を守ります。

※参考書籍 「nico 2011.5 クインテッセンス出版株式会社」

Q5 糖尿病だと歯周病になりやすいそうですが、なぜなりやすいのですか?
A5

厳密にいうと、糖尿病に併発する歯周病は、糖尿病が原因で発症するものではありません。糖尿病による免疫系機能障害、末梢血管循環障害などが歯周病を引き起こします。

つまり、免疫機能が低下するため、細菌感染を起こしやすくなるからです。歯周病は細菌感染によって起こる病気で、そのため糖尿病のかたは歯周病になりやすいのです。
プラークコントロールをていねいに行って最近を減らし、予防をしていきましょう。

※参考書籍
 「nico 2011.5 クインテッセンス出版株式会社」

 「歯周治療の指針2015」
 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

Q6 糖尿病だと歯周病になりやすいだけでなく、逆に歯周病で糖尿病が悪くなるというのはホントですか?
A6

まだナゾも多いのですが、近年の研究では歯周病になると血糖値のコントロールを邪魔する毒素が出ることがわかってきました。
どうやら歯周病と糖尿病は、お互いに悪さをし合っているようです。
運動しても食事療法をしても糖尿病がよくならなかった人が、歯周病の治療をしたら糖尿病のデータが改善した、という研究結果も出ています。歯周病菌の出す毒素とからだの免疫機能が戦うと、インスリンの働きを鈍らせる物質が出て、血糖値のコントロールが難しくなるからだと考えられています。糖尿病に限らず、心筋梗塞、動脈硬化などを悪化させることもわかってきています。お口の健康はもちろん、全身の健康のためにも、歯周病の治療を早期にはじめましょう!

※参考書籍 「nico 2011.5 クインテッセンス出版株式会社」

Q7 糖尿病の治療をしていますが、歯の治療前に注意することはありますか?
A7

安心・安全な歯科医療をご提供し患者さんの全身状態をよりよく保つためには患者さんからの情報提供が欠かせません。以下の6つのポイントを確認しましょう。

1.血糖値について教えて下さい。

糖尿病の治療を受けておらず、空腹時血糖値が120mg/dlを超えていて糖化ヘモグロビン(HbA1c)の値も高いかた、また、治療を受けてはいても130mg/dlほどある患者さんの場合、感染による重症化を避けるため、血糖値のコントロールができるまで歯科治療を延期させていただくことがあります。ふだんから糖尿病の治療を受けてコントロールしておくことがとても大事です。
コントロールができていて、重篤な合併症がなければ、通常は歯科医院での治療が可能ですのでご安心ください。

2.現在どんな糖尿病治療を受けていますか?

現在受けておられる糖尿病の治療は、食事療法のみでしょうか、飲み薬を飲んでおられるのでしょうか、あるいはインスリン治療を受けておられるのでしょうか?
ご来院の際には、問診表に現在の治療内容、服用している薬の量や服用回数などを、ご面倒でもできるだけ詳しくご記入ください。
なお、お薬手帳、あるいは実物のお薬をお持ちいただけるとありがたいです。

3.糖尿病による合併症はありますか?

糖尿病になるとさまざまな合併症を引き起こしやすくなります。たとえば、しびれや筋力低下、痛みに鈍感になる「神経障害」。網膜にある毛細血管が詰まって起きる「網膜症」。腎臓の毛細血管が硬化して血液のろ過機能が低下する「腎症」。心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などの原因になる「血管硬化」など。こうした合併症の治療や処方されている薬には、歯科治療の安全性を左右するものが少なくありません。
お薬手帳をお持ちいただき、できるだけ詳しく問診表にご記入をお願いいたします。

4.通院している病院を教えて下さい。

糖尿病や、糖尿病の合併症をお持ちの患者さんには、歯科治療をする際にも特別な配慮が必要な場合があります。
そうした際には、内科の先生と連携をとりながら治療を進める必要も出てきます。現在通院している病院名や、主治医の先生のお名前をお教えください。

5.糖尿病患者さんには外科後の感染予防のため事前に抗生剤をお飲みいただきます。

糖尿病の患者さんは細菌感染を起こしやすく、外科処置を行う際などは感染を予防するために抗生剤の事前投与が必要なことがあります。
当日は、抗生剤の血中濃度が高くなるよう、治療の2~3時間前に飲んでおきましょう。
前日の晩、当日の朝、当日の昼など、数回飲んでおけばさらに安心です。歯科医師の指示通り、必ず忘れずに飲みましょう。

6.大きな病院をご紹介することも。

問診や診療の結果、血糖値がコントロールされていなかったり、重篤な合併症がある患者さんの場合、また症例に応じて、さらなる安全を期して、入院施設が整っていたり全身管理のできる総合病院や大学病院の歯科・口腔外科をご紹介させていただくこともあります。
ご理解をお願いいたします。


※参考書籍 「nico 2011.5 クインテッセンス出版株式会社」

Q8 糖尿病の治療をしていますが、歯の治療当日と治療後に注意することはありますか?
A8

いつものように血糖値をコントロールしよい体調を保ちながら治療を受けるための大切なポイントと、治療後、順調に回復するための重要な注意事項を整理してみました。
ぜひ参考になさってください。

1.インスリンやお薬はいつもどおりに!

抜歯などの外科処置を受けるかたのなかに「痛くて食事ができないと血糖値が下がるだろう」と、低血糖になることを心配して、傷が治るまでインスリンや服薬による治療を休んでしまう患者さんがおられます。
ところが人体は、食事をしないとその代わりに、筋肉のタンパク質から糖がさかんに作られる仕組みになっているため、結果的に血液は高血糖になりがち。治療を休んだ分血糖値のコントロールが不良となり、傷の治りが遅れ、感染が重症化しやすくなってしまうのです。インスリンやお薬は、必ずいつもどおりに使い続けましょう!
また、当日はインスリンやお薬をお持ちください。

2.治療前の食事は必ず食べましょう。

「治療を受けるときに気分が悪くなるといけないから」と、食事を抜いて来院されるかたがときどきおられます。
でも、これは危険。というのも、ただでさえインスリン不足で細胞に糖をうまく取り込めない糖尿病のかたの場合、低血糖発作を起こしやすくなるのです。
大脳は血糖の低下にたいへん弱く、50mg/dl以下の低血糖が続くと意識を失ってしまいます。
治療前には食事をすませ、できれば食後1時間くらいの時間帯に治療を受けましょう。

3.甘いものをお持ちください。

低血糖発作を起こしたときは、糖分を摂るとすぐに回復します。そこで、発作が起きてしまったときのために、念のため甘いものをお持ちください。
飴や砂糖、砂糖水、糖分のたくさん入ったジュースなどがおすすめです。ノンシュガー、ノンカロリーの飴ではなく、黒飴や氷砂糖のような昔ながらのものがよいでしょう。
治療後に麻酔や痛みのためになかなか食事ができないときも、砂糖水などで糖分を補いましょう。

4.抗生剤の服用を忘れずに。

糖尿病の患者さんは、感染症を起こしやすくなっています。そこで感染予防のために、治療前日くらいから抗生剤を飲んでいただきます。
そして、治療後も歯科医師の処方どおり忘れずにお飲みください。抗生剤は、一定の期間一定の血中濃度が保たれないと効果がありません。
中途半端な飲みかたをすると耐性菌が生まれる原因にも。
処方どおりにお飲みいただくことがたいへん重要です。

5.治療後も何度か来院をお願いします。

患者さんの糖尿病の程度によるのですが、治療後に何度か消毒や経過観察のためにご来院いただくことがあります。糖尿病のかたの場合、一度感染を起こしてしまうと治りにくく重症化しやすいので、こまめに消毒しておくと安心です。
歯科医師が手厚くケアをするのは糖尿病をよく理解している証拠。
「この先生に出会えてラッキー」と思っていただき、ぜひ予約どおりの通院をお願いいたします。


※参考書籍 「nico 2011.5 クインテッセンス出版株式会社」

Q9 糖尿病でも歯が悪くならないように歯周病予防をしたいと思います。どんなことに気をつけるとよいですか?
A9

毎日のブラッシングをていねいにすること。そして、半年に一度は定期健診においでください。歯周ポケットに隠れた歯石やプラークは自分では取り切れません。
プロの技で、きれいにしてもらいましょう。

※参考書籍 「nico 2011.5 クインテッセンス出版株式会社」

Q10 私には糖尿病の持病があります。糖尿病だと、歯周病の治療をしてもなかなか治らないと聞きましたが・・・。
A10

たしかに糖尿病は感染症にかかりやすく症状が悪化しやすい病気です。
でも、きちんとプラークと歯石を取り、メインテナンスで上手に管理すれば大丈夫です。

※参考書籍 「nico 2009.2 クインテッセンス出版株式会社」

1 / 212

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています