糖尿病

Q1 糖尿病とは?
A1

糖尿病とは、生活習慣病のひとつで、血液中にブドウ糖が余り慢性的に血糖値が上がってしまう病気です。すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが、細胞にブドウ糖を届ける働きをしているのですが、このインスリンが減ったり働きが悪くなるために、血液中のブドウ糖が細胞にうまく届かず、血液中にブドウ糖が余ってしまうのです。
症状としては、しきりにのどが渇く、多食、多尿、全身の倦怠感、体重の減少などがあります。
また、免疫反応が低下して炎症が起きやすくなったり、血流が悪くなって傷の治りが遅くなってしまいます。高血糖値の患者さんでは、治療して血糖値をコントロールしないと、狭心症、心筋梗塞などの心疾患や、腎不全、脳梗塞などの合併症が起きることも。
知らないうちになっていることもあるので定期的に検診を!

※参考書籍 「nico 2011.5 クインテッセンス出版株式会社」

Q2 糖質制限が糖尿病や歯周病に効果があるって本当ですか?
A2

糖尿病と歯周病は深い関係性があります。

最近では、糖質制限がこれらに有効であると言われています。

糖質制限について下記にまとめましたので、これまで考えられていた「カロリー」との違いも含め、正しい知識を身につけましょう。

■栄養学の常識は実は間違い

糖尿病に関して、これまでは次のように言われていました。

1.脂肪は体に悪い = 糖質、炭水化物は体によい
2.カロリーをたくさんとると太る = カロリーを減らすとやせる
3.コレステロールは体に悪い = コレステロールが多い食品は食べるな
4.和食は健康によい = 洋食は健康に悪い
5.和食が長寿のもとである = 洋食がメタボ、糖尿病のもとである

 

これらの説から導かれることとして、「炭水化物を60%、脂肪を20%、タンパク質を20%」の食事がバランスがいい食事と決めてしまい、全てこの枠で決めるのです。

しかし、これは「糖質制限を推奨する」という食事法から見れば、「強制糖質過剰摂取食」となってしまいます。

この食事バランスにはエビデンス、根拠はあるのかというと、じつは日本糖尿病学会でも、これには根拠がないということを認めています。

■糖尿病にとっての白米

お米はのど元過ぎたら砂糖と同じ」と言ったら、びっくりしますか?

栄養学的には、お米は砂糖と同じなのです。お茶碗1杯のご飯を150gとしますと、糖質量は55gで、これは角砂糖に換算すると17個分にあたります。

そういって説明しますと、拒否反応を示す方が多いことは、よくわかっています。

でも、これが真実です。

従来の糖尿病治療は、ごはんを食べ、砂糖をとって、薬を使え、ということです。

しかし、薬は使わなくとも、食事を「カロリー」ではなく「糖質量」で管理すれば血糖値は管理できるのです。

■糖質制限で食べてよいもの、注意すべきもの

肉類

食べてよい食品 牛、豚、鶏、羊、加工品
要注意食品   味付け缶詰

魚介類

食べてよい食品 魚、貝、甲殻類など
要注意食品   練り製品、佃煮など

乳製品

食べてよい食品 チーズ、バターなど
要注意食品   牛乳、ヨーグルトなど

※注意食品なし

豆類

食べてよい食品 大豆(ゆで)、大豆製品
要注意食品   きな粉、小豆など

野菜類

食べてよい食品 葉物など
要注意食品   かぼちゃ、にんじんなど

種実類

食べてよい食品 クルミ、ごまなど
要注意食品   栗、アーモンドなど

キノコ類

※注意食品なし

藻類

食べてよい食品 のり、わかめなど
要注意食品   佃煮類

調味料

食べてよい食品 醤油、みそ、塩、酢など
要注意食品   ソース、ケチャップなど

油脂類

※注意食品なし

嗜好飲料

食べてよい食品 焼酎、コーヒーなど
要注意食品   清酒、ビールなど

穀類・いも類

食べてよい食品 こんにゃく
要注意食品   米、小麦、いも類など

果実類

食べてよい食品 アボガド
要注意食品   果実全般、ジュースなど

菓子類

食べてよい食品 -
要注意食品   糖の入った菓子類

■糖質制限の効果

糖質制限は次のような様々な疾病・症状に対する治療法として確立されつつあります。

てんかん、アルツハイマー病、がん、糖尿病、肥満、メタボ、アトピー、アレルギー疾患、歯周病、認知症、加齢による変化への応用

とくに、1日15g以下の糖質制限食は「スーパーケトジェニック(ケトン食)」と呼ばれ、注目されています。

※参考書籍
 「ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか」
 宗田 哲夫  株式会社 光文社

Q3 歯科治療と糖尿病の関係って?
A3

糖尿病になると、免疫反応が低下して炎症が起きやすくなったり、血流が悪くなって傷の治りが悪くなってしまいます。そのため歯科治療のなかでも、とくに抜歯、歯ぐきの手術などの外科処置をする際に、特別な配慮が必要となります。
糖尿病の患者さんは、日ごろから血糖値をコントロールするとともに、これまでの病歴について、問診表などでお教えください。現在の体調や、受けている治療について歯科医師から質問させていただくこともありますが、安心・安全な歯科治療をご提供するためとても大切なことですので、ぜひご協力をお願いいたします。   
糖尿病の患者さんは歯周病になりやすいうえその進行も早く、治りにくいことがわかっています。また、近年では歯周病が糖尿病に悪影響を与えていること、そして歯周病の治療をすることが糖尿病の改善にも役立つことも明らかになってきています。
ふだんから歯みがきをていねいにし、歯科医院で定期的にクリーニングを受けるなど、歯周病の予防を心がけていきましょう。

※参考書籍 「nico 2011.5 クインテッセンス出版株式会社」

Q4 歯医者で抜歯することになりました。糖尿病でタバコも吸っています。注意点はありますか?
A4

手術が決まったら、手術をする外科領域の医師は、術前にさまざまな検査をします。その中には糖尿病があるかどうかの検査、すなわちヘモグロビンA1cや血糖値の測定も含まれています。

ただし、歯科医院内で血液検査をすることはできません。もし正確な数値が分かれば申告してください。

なぜなら、糖尿病があるかどうかは手術成績(結果)を大きく変えるからです。高血糖状態では、体内にウイルスや細菌が侵入したときに、それを取り囲んで食い殺す白血球の機能が低下します。免疫反応すなわち一度感染した病原体に対し、体内でその抗体が作られ、次に同じ病原体が体に侵入しようとしたときに、それを防ぐはたらきも低下しているため、細菌やウイルスに感染しやすくなるのです。

また、合併症が進行していて、細い血管で血液の流れが悪くなっていると、創傷治癒のための栄養や酸素、さらに薬物の局所への供給が阻まれます。神経障害により痛みなどの症状が分かりにくくなっていることで、さらに感染が重症化することなども考えられます。

一度、細菌などに感染すると、インスリンを効きにくくする物質(サイトカインなど)が多くなって、血糖値はさらに高くなり、感染を進行させてしまうという悪循環が生まれます。また、手術の傷(縫合部)の感染は、傷の縫合がうまくいかない縫合不全につながり、さらに全身状態の悪化などで手術後の回復が大きく遅れます。

このような背景からも糖尿病のコントロールは日ごろから良好にしておく必要があります。

喫煙している方については、たばこにより、種々の周術期合併症が増加し、術後の回復が遅延するため、手術前のいつの時点からでも禁煙を開始することには意義があるとされています。禁煙は糖尿病の合併症予防の点でも有益ですので、この機会にぜひチャレンジしましょう。

 

※参考書籍
 「月刊 糖尿病ライフ さかえ 2021年3月号」
 公益社団法人 日本糖尿病協会

Q5 歯周病は治癒する病気でないって本当ですか?
A5

歯肉炎の段階であれば健口に戻ることができますが、ひとたび歯周炎を発症し歯周組織の破壊が起きると、もはや歯肉炎に戻ることはできません。すなわち、健口と歯肉炎は“可逆的”な関係にありますが、歯肉炎から歯周炎への進行は一方通行であり“不可逆的”なのです。

海外の学術団体であるEFPとAAPは、まさしく糖尿病と同じように、“歯周病は治癒する病気ではない”ことを宣言しています。「歯周炎患者は生涯にわたり歯周炎患者であるのだから、いくら状態が安定していても、隠れたリスクを過小評価してはいけない」と警鐘を鳴らしています。

※参考書籍
 「内科医から伝えたい 歯科医院に知ってほしい糖尿病のこと その2」
 にしだわたる糖尿病内科 西田 亙 著
 医歯薬出版株式会社

Q6 糖尿病の患者さんが歯周病の治療を受けると、検査値が改善されるって本当ですか?
A6

本当です。

現在では、「糖尿病患者さんが歯周病の治療を受けると、ヘモグロビンA1cは0.4%~0.7%改善する」ことが明らかになっています(1)。例えば、ヘモグロビンA1c7.0%の日とは歯周病を治療すると6.3%まで低下する可能性があります。糖尿病の飲み薬でも、ヘモグロビンA1cを0.7%低下させることは、なかなか難しいことですから、歯周病の治療は糖尿病患者さんにとって素晴らしい福音となることでしょう。

18年6月、オランダのアムステルダムで開催された欧州歯周病学会にて、米国と欧州の歯周病学会は共同で19年ぶりに新しい歯周病の分類を発表しました。そして、この新分類の中に糖尿病患者さんの危険因子として、糖尿病が登場したのです。「ヘモグロビンA1c7.0%以上の場合は、歯周病が進行しやすいので、特に注意が必要」と明記されました。歯周病専門医が、本気で糖尿病のことまで注意を払う時代がやってきたのです。

(1)西田亙:糖尿病療養指導士に知ってほしい 歯科のこと、医歯薬出版株式会社、東京、2018

※参考書籍
 「月刊 糖尿病ライフ さかえ 2019年6月号」
 日本糖尿病協会

Q7 抜歯をしたあと、その後の経過を見せに何度か通院しなければならないそうです。糖尿病があるからでしょうか?
A7

糖尿病の患者さんは傷が治りにくいため患者さんによっては、治療後に何度か診せていただくことがあります。
きめ細かい診療が患者さんのお口を守ります。

※参考書籍 「nico 2011.5 クインテッセンス出版株式会社」

Q8 糖尿病には運動がいいと聞きます。本当ですか?
A8

本当です。

様々な研究機関から報告がありますので、ご紹介します。

 

東京ガス研究

定期健診受診者の有酸素運動能力(体力)の変化と、糖尿病発症率について7年間観察しました。有酸素運動能力の変化を低下、やや低下、やや増加、増加の四つに分けて、糖尿病発症率を比較すると、1.0、0.64、0.40、0.33となりました。

このことから、運動不足(有酸素運動能力低下)は、日本人の2型糖尿病発症の危険因子と考えられます。

 

関西ヘルスケア研究

通勤時の片道歩行時間が10分以下を基準とし、21分以上の群では発症リスクが27%低下しました。通勤(歩行)時間は、2型糖尿病の発症に関して、他の要因と独立した効果を示しています。

 

日本糖尿病合併症研究

日本人の2型糖尿病患者さんを対象とした調査で、余暇時間の運動量に関して、「高運動量群」では、「低運動量群」に比べて、脳卒中発症と死亡率が明らかに低下していました。糖尿病患者さんでは、余暇時間の運動量が少ないと、脳卒中の起こる危険性が高まります。

 

 

このように、運動にはいろいろな効果があります。食後の運動実施は食事による血糖上昇を抑制し、血糖コントロール状態の改善が期待できます。一般的に週に150分以上実施するべきといわれています。なお、ヘモグロビンAlcレベルの低下は、運動量(頻度)の増加とは相関がありますが、運動強度とは相関がないことが判明しています。

 

※参考書籍
 「月刊 糖尿病ライフさかえ 2020年7月号」 日本糖尿病協会

Q9 糖尿病になると歯周病になりやすいのですか?
A9

その通りです。糖尿病になると歯周病になりやすいです。

2型糖尿病患者は非糖尿病患者に比較して、歯周病発症率が2.6倍高いことが報告されています1)

1)Nelson RG, Shloss,am M, Buddinf LM, Pettitt DJ, Saad MF, Genco RJ, Knowler WC, Periodntal disease and NIDDM in Pima Indians. Diabetes Care. 1990; 13: 836-40.

※参考書籍
 「糖尿病患者に対する歯周治療ガイドライン 改訂第2版 2014」
特定非営利活動法人 日本歯周病学会 編  日本歯周病学会

Q10 糖尿病は歯周病を悪化させますか?
A10

血糖コントロール不良の糖尿病は歯周病を悪化させます。

血糖コントロールの状態と歯周病の関係を調べた研究では、血糖コントロールが極めて不良な2型糖尿病患者(HbA1c ≧ 9%)は、非糖尿病者やHbA1c < 9%の2型糖尿病患者と比較して歯槽骨吸収のリスクがより高いことが示されています1)。ほかにも、血糖コントロールが極めて不良な2型糖尿病患者(HbA1c > 9%)は、非糖尿病者に比べて歯周炎のリスクは2.9倍であるが、HbA1c ≦ 9%では、非糖尿病者と比較して進行した歯周炎が多い傾向はあるものの、そのリスクに統計学的に有意な差はなかったとの報告があります2)。1型糖尿病の血糖コントロールに関しても、血糖コントロールの不良な糖尿病患者では、血糖コントロールのよい患者に比べ、歯槽骨吸収が多いことが報告されています3, 4)。メタアナリシスによる解析では、糖尿病患者では非糖尿病者と比較して歯周組織の状態が悪化していることが示されています5)。特に2型糖尿病は歯周炎の危険因子となる結果が得られています6)

以上のことから、血糖コントロール不良の糖尿病は歯周病の進行に関与し、歯周病を悪化させると判断されます。

1)Taylor GW, Burt BA, Becker MP, Genco RJ, Shlossman M. Glycemic control and alveolar bone loss progression in type 2 diabetes. Ann Periodontol. 1998; 3: 30-9.

2)Tsai C, Hayes C, Taylor GW. Glycemic control of type 2 diabetes and severe periodontal disease in the US adult population. Community Dent Oral Epidemiol. 2002; 30: 182-92.

3)Tervonen T, Karjalainen K, Knuuttila M, Huumonen S. Alveolar bone loss in type 1 diabetic subjects. J Clin Periodontol. 2000; 27: 567-71.

4)Seppälä B, Seppälä M, Ainamo J. A longitudinal study on insulin-dependent diabetes mellitus and periodontal disease. J Clin Periodontol. 1993; 20: 161-5.

5)Khader YS, Dauod AS, El-Qaderi SS, Alkafajei A, Batayha WQ. Periodontal status of diabetics compared with nondiabetics: a meta-analysis. J Diabetes Complications. 2006; 20: 59-68.

6)Chávarry NG, Vettore MV, Sansone C, Sheiham A. The relationship between diabetes mellitus and destructive periodontal disease: a meta-analysis. Oral Health Prev Dent. 2009; 7: 107-27.

※参考書籍
 「糖尿病患者に対する歯周治療ガイドライン 改訂第2版 2014」
 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 編  日本歯周病学会

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています