タバコ

Q1 タバコは歯と治療にどんなダメージがあるの?
A1

タバコの煙のなかに含まれる有害物質が歯にしつこい汚れを付着させ、また、体内では免疫機能を低下させるため細菌にとって好都合な環境ができあがり被害が拡大して、病状が悪化します。

※参考書籍 「nico 2012.7 クインテッセンス出版株式会社」

Q2 タバコは歯にも悪いんだそうですね。なぜですか?
A2

歯周病が進行しやすくなるのです。喫煙者は非喫煙者にくらべると進行が約10年早いというデータもあります。

※参考書籍 「nico 2015.4 クインテッセンス出版株式会社」

Q3 歯の裏につくヤニが歯によくないそうですがこれって単なる着色じゃないんですか?
A3

タバコのヤニはとてもしつこい汚れ。ベッタリと幾重にも付着しているうちに歯の表面はザラザラになります。このザラザラが、細菌にとって格好の足場になってしまうのです。
汚れが溜まると口臭の原因にもなります。
プロのクリーニングを定期的に受けましょう。

※参考書籍 「nico 2012.7 クインテッセンス出版株式会社」

Q4 タバコを吸っていると歯周病が悪化しやすいってホントですか?
A4

タバコを吸うとからだの免疫機能が低下するため細菌をやっつけることができず、病状が非喫煙者より進みやすいのです。
そればかりか、壊れた歯ぐきを修復する力が低下するので治療の効果も上がりにくくなってしまいます。

※参考書籍 「nico 2012.7 クインテッセンス出版株式会社」

Q5 喫煙はむし歯には関係ないのですか?
A5

むし歯菌も歯周病菌と同様に、タバコの有害物質によって鍛えられパワーアップすることがわかってきました。

 

タバコにより次のような影響があります。

1.パワーアップしたむし歯菌が歯を溶かす酸をジャンジャン作る。

2.むし歯菌の棲むプラークの外膜が丈夫になり、むし歯菌の作る酸をタップリ溜め込んで濃度を上げてしまう。

3.ヤニのベタベタにプラークが引っ付き、歯ブラシで取り除きにくい。

4.むし歯が大きくなりやすく、根っこの治療をするリスクが増える。

5.根っこの治療をして歯の中をきれいに掃除しても、修復機能が弱っているために治療後の回復に時間がかかり、痛みや違和感が続きやすい。

6.根っこの治療の後、免疫細胞がすみやかに働かないため再発のリスクが増える。

 

むし歯菌がタバコの煙で強くなると、歯周病で歯ぐきが下がり歯の根元の象牙質がむき出しになってしまったところはもちろん、噛み合わせ面の硬いエナメル質にもむし歯ができやすくなります。

 

※参考書籍
 「nico 2016.1 クインテッセンス出版株式会社」

Q6 今度歯ぐきを切る治療を受けます。「禁煙をお願いします」と言われたのですがタバコは手術によくないのですか?
A6

もちろん、よくありません。
ニコチンの作用で傷口の治りが遅いのです。そのため手術後に消毒のための通院回数が増えたり、傷口に負担をかけないよう配慮してそっと食べていただく期間が長くなります。

※参考書籍 「nico 2012.7 クインテッセンス出版株式会社」

Q7 歯周病で歯がなくなりインプラントを入れたいと思っています。禁煙したほうがよいのでしょうか?
A7

もちろん、禁煙していただきます。
現在のインプラント治療は一段と進化していますが、喫煙者は骨の再生力が弱く感染しやすいですから失敗する危険がおのずと高くなります。
これを機会に、さっそく禁煙しましょう!

※参考書籍 「nico 2012.7 クインテッセンス出版株式会社」

Q8 タバコはお口の健康に影響がありますか?
A8

タバコは、身体はもちろんお口の健康にも影響があります
タバコに含まれるニコチンが末梢神経を収縮させ、酸素の供給量を減らすことから歯肉が栄養不足になり、歯周病を招きやすくしてしまうのです。また、タバコは体内のビタミンCを大量に消費させますので、細菌を殺す白血球の機能を低下させ、歯肉の病気を悪化させる恐れもあります。

河口

Q9 タバコはやめないとダメですか?
A9

タバコは、できるならやめることをおすすめします。
タバコは全身の健康を壊します。喫煙と受動喫煙による健康被害は深刻です。1997年先進国の病気と死亡の最大の原因がタバコにあるとWHOは報告しています。当然お口の健康を壊す有力因子ともなっています。

害としては、次のようなものがあります。
(1)血管を収縮させます。
(2)免疫細胞の働きを低下させます。
(3)骨の生成バランスが崩れ、骨がスカスカになる骨粗鬆症を起こします。
(4)口臭、着色、歯周病の原因にもなります。

それ以外にもがんを患うリスクが高くなるニコチン性口内炎になるリスクが増す味の感覚が鈍くなる口臭原因の舌苔が付きやすくなるなど、多数問題があります。

※参考書籍
 「nico 2016.1 クインテッセンス出版株式会社」

Q10 受動喫煙はからだによくないそうですが、歯の健康にも害があるのでしょうか?
A10

最近の研究で、タバコを吸う家庭のお子さんにむし歯が多いことがわかってきました。また、歯周病のリスクも増すと考えられ、受動喫煙の影響に注目が集まっています。

 

※参考書籍
 「nico 2016.1 クインテッセンス出版株式会社」

1 / 212

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています