詰めもの・被せもの

Q1 CAD/CAM冠ってどんな被せものなんですか?
A1

金属を一切使わない白い被せもので、これまでの手作業だった設計や製造(削り出し)をコンピュータで自動化して作る被せもののことです。保険適応範囲も年々広がっていて、これまでは小臼歯と大臼歯(ただし条件付き)で可能でしたが、2020年9月には前歯も保険でできるようになりました。前歯や小臼歯は笑うと見えるので、白くて保険でできるCAD/CAM冠を希望される患者さんも増えてきています。ただし、材料は硬質レジン製(ハイブリッド型コンポジットレジンブロック)なので、セラミックやジルコニアほどの審美性はありません。

CAD/CAM冠のメリット・デメリット

メリット
  • メタルフリーの治療ができる。
  • 金属冠(銀歯)のように目立たない。
  • 歯ぐきに金属色が黒っぽく影響しない。

 

デメリット
  • 従来の金属を使う被せものより外れやすい。
  • 金属を使う被せものより歯を削る量が多い。
  • 長く使うといくらか変色する。
  • セラミックやジルコニアと比べると、審美性はそれほど高くない。

 

CAD/CAM冠の製作工程

1.患者さんの歯型(模型)を作製します。

CADCAM冠 製作工程 その1

2.歯型(模型)をスキャナーでスキャンして画像化します。

CADCAM冠 製作工程 その2

3.歯科技工士が被せものの設計をコンピュータ上で行います。

CADCAM冠 製作工程 その3

4,ミリングマシン(材料を削る器械)で削り出します。

CADCAM冠 製作工程 その4

5,CAD/CAM冠が硬質レジンブロックから削り出されました。

CADCAM冠 製作工程 その5

6,形を整え研磨してCAD/CAM冠の完成です。

CADCAM冠 製作工程 その6

※参考書籍 「nico 2020.12 クインテッセンス出版株式会社」

Q2 昨日歯科医院でかぶせを入れてもらいました。少し高いように感じますがなれますよね?
A2

上下の歯が咬み合う前に1歯ないし数歯が早期に当たる状態を早期接触といいます。Krogh-Poulsenら(1968)は、早期接触は咬合性外傷を惹起しやすく、関連筋群や顎関節への負担を憎悪させ、顎機能障害とくに関連筋群の機能障害の原因となる可能性があると指摘しています。つまり、その影響は処置をした歯牙以外にも咬み合う歯やそれぞれの周囲組織、咬み合わせるときに使う筋肉や、顎関節に現れる可能性がありますので、なるべく急いで調整に行かれてください。

Q3 今まで咬み合わせのなかった所に歯を入れ咬み合うようにしてもらいました。高さはちょうどいいのに物を咬むと違和感を感じるのはなぜでしょう?
A3

長い間咬合を失っている歯の歯周組織は、弱い荷重に対しても耐えられない、いわゆる機能低下の状態になっています。つまり、組織抵抗力が減少し動揺しやすくなっているということです。組織抵抗力が回復するまでは過度な荷重は避けてください。

Q4 詰め物を「大きいな」と感じるのはなぜですか?
A4

詰め物が入ったら、「治療前のむし歯よりだいぶ大きいな」と感じたことはありませんか?じつはそれには理由があるんです。

理由その1

詰め物の材料によっては穴を多少拡げないと耐久性を確保できない場合があるから。

歯と直接くっつくコンポジットレジン以外の詰め物は、詰め物を歯にはめ込んでセメントで固定させる方法をとります。しっかり固定させるには、うまくはまるように穴の形を拡げる必要があり詰め物が大きくなりがちです。

理由その2

傷みやすい場所をあえて詰め物でおおって歯を守ることがあるから。

奥歯の山(咬頭)の部分は、強い力がかかって傷みやすい場所です。そこで咬頭が傷んで崩れてこないように、大きな詰め物(アンレー)をつくり、あらかじめ咬頭のほうまで歯を覆って守ることがあります。

理由その3

むし歯は歯の内側で広がりやすく、実際は見た目よりも大きいことが多いから。

むし歯は、硬いエナメル質より、内側の軟らかい象牙質で広がりやすく、見た目は小さくても、じつは大きなむし歯であることがよくあります。そのため、「詰め物が想像していたよりも大きい」と感じがちなのです。

※参考書籍 「nico 2017.5 クインテッセンス出版株式会社」

Q5 詰め物が傷んでいるような気がします。どんなことに気をつければよいですか?
A5

どんなに上手な治療でも、毎日噛んで使っていればいつか壊れます。傷んだ詰め物を放っておくと思わぬトラブルの火種になります。

注意1

詰め物の下にむし歯ができた?!

詰め物と歯の間に段差ができてプラークがたまったり、詰め物の周りの歯が傷んで隙間ができ、むし歯が入り込んだのかもしれません。他の詰め物の下も大丈夫か、歯科医院で調べてもらいましょう。

注意2

わりとよく詰め物が取れる?!

夜中に歯ぎしりをしたり、日中に噛みしめたりしていませんか?噛む力の強い方は、詰め物の周りの歯質が傷みやすく、詰め物が取れやすいのです。就寝中にマウスガードを使うなど、歯科医院で対策を相談しましょう。

注意3

詰め物が取れて反対側で食べている?!

歯科医院に行かずに反対側で食べていると、偏った力が片方の歯に集中してかかるため、今度は反対側の歯の詰め物が取れたり痛んだりして、トラブルが拡大することがあります。放置せずに治療を受けましょう。

※参考書籍 「nico 2017.5 クインテッセンス出版株式会社」

Q6 昔入れた詰め物の下にむし歯ができてしまいました。歯医者さんの詰め方が悪かったのでしょうか?
A6

残念ですが、歯科医師がどんなに上手でも、詰め物の経年変化は避けられずいつかは段差ができたり隙間ができてしまいます。詰め物を長持ちさせるために、定期的にメインテナンスに通って治療箇所を補修してもらったりクリーニングや予防指導を受けて歯を守っていきましょう!

※参考書籍 「nico 2017.5 クインテッセンス出版株式会社」

Q7 歯周病で抜歯しました。大ショックです。すぐにブリッジにしたいのですが、隣の歯も少しグラつくので、歯周病の治療が終わってから入れるそうです。すぐにブリッジが入らないものでしょうか?
A7 快適に使い続けられるブリッジにするには噛む力を支える支台歯がしっかりしていることが最低限の条件です。ブリッジをより長く快適に使うには支える歯の健康が最重要なのです。グラつく歯を支台歯にすると噛む力を支えられず、かえってこの支台歯まで傷めてしまいます。治療後に入れることをおすすめします。

※参考書籍 「nico 2009.9 クインテッセンス出版株式会社」
Q8 真ん中の前歯を2本失いました。そうしたら、隣の歯だけでなく犬歯まで削って土台4本分、計6本を連結する必要があるそうです。ずいぶん長いブリッジになってしまいます。いったいなぜこうなってしまうのでしょうか?
A8 歯の強さは、歯の種類ごとにさまざま。失った歯や支台歯になる歯の強度の指標をもとに、適正な耐久性のあるブリッジが設計されています。

※参考書籍 「nico 2009.9 クインテッセンス出版株式会社」
Q9 保険の前歯ブリッジって白くできますよね?裏側も白いのですか?
A9

保険の治療では表側が白いレジン(歯科用プラスチック)で裏側には金属が見えます。耐久性を持たせるために、金属のフレームで裏打ちしてあるからです。裏も全部白い審美治療のブリッジはオールセラミックスでしたら可能です。違いをご紹介します。

1.レジン前装冠ブリッジ(保険治療)

金属(金銀パラジウム合金)のフレームに白い硬質レジン(歯科用プラスチック)が盛ってあり、金属を使うことで十分な強度を確保しています。見える部分は白く、歯の裏側には金属のフレームが見えます。金属の影響で、時間がたつと支台歯とかぶせ物の継ぎ目あたりが黒くなってしまうことがあります。レジンは水分を吸うため、長く使っているうちに黄ばんできますが、近年のいちじるしい品質向上により、変色しにくくだいぶ改良されてきました

2.メタルボンドブリッジ(自費治療)

金属のフレームに白いセラミック(陶材)を貼ってあります。自然なツヤがあり、着色や黄ばみが起こりにくい素材です。金属のフレームがある分、十分な強度があります。ただし金属のフレームを使っているため、セラミック本来の光の透過性は残念ながらありません。フレームに金を使うと歯の色がぐっと明るくなり、銀色の金属を使うと暗めに見えます。また、裏から見ると少しだけ金属のフレームが見えますが、それほどは目立ちません

3.オールセラミックスブリッジ(自費治療)

すべてが白いセラミック(陶材)でできています。自然なツヤがあり光を通すので、口もとに明るい印象を与え、うつくしい仕上がりが期待できます。汚れにくく、着色や黄ばみが起こりにくい反面、硬くて割れやすい面があるので、噛み合う歯を傷めないよう、また過剰な力がかからないよう十分配慮して治療を行います。メタルフリーなので金属アレルギーの心配がありません

※参考書籍 「nico 2009.9 クインテッセンス出版株式会社」

Q10 ブリッジがむし歯になって再治療中です。作りものの歯がむし歯になるなんて、思ってもみなかったのですが・・・。
A10 支台歯がすでに神経を取ってある歯の場合、むし歯になっても痛みを感じません。そのためむし歯の発見が遅れがちです。ブリッジの治療後も定期的に歯科医院のメインテナンスを受け、むし歯菌を減らしてお口の環境を良好に保っていきましょう

※参考書籍 「nico 2009.9 クインテッセンス出版株式会社」

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています