Question

お口の中にインプラントが入っていると、CTやMRIなどの画像検査を受ける際に影響がありますか?

Answer

あごのCT検査の場合、インプラント部分にX線が当たると、画像上わずかに影響が出ることがありますが、ほかのからだの部位のCT検査に影響はありません。

MRI検査の場合は、「磁性アタッチメント」を使用している場合だけ、注意が必要です。これは、インプラントの上に取りはずし可能な義歯を装着する際に使用する、磁石でできた部品のことです。磁石なので固定しやすく、取りはずすときもインプラントに負担をかけないというメリットがあります。

義歯を装着したままMRI検査を受けると、画像が乱れることがあるほか、頭がくらくらするといった体への影響が出ることもあるので、必ずはずしてから検査を受けるようにしましょう。

なお、磁石は義歯の裏面につけてあり、お口の中に磁石は付いていません。義歯をはずして検査を受ければ、MRI検査に問題はありません。ただ、義歯の磁石がくっつくほうのアバットメントも少しですが磁気を帯びるので、わずかながら影響が出ることがあります。その場合は、アバットメントをはずす必要があります。

 

※参考書籍
 『やっぱり大切!「かめる幸せ」をとり戻す』
 日本口腔インプラント学会  朝日新聞出版

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています