他疾病

Q1 歯周病と心臓病の関係について教えてください。
A1

歯周病は心臓病のリスクを高める可能性があります。歯周病になると、その原因となる細菌が血液中に入り、心臓などに感染をひきおこす場合があります。
心臓の内膜や弁膜に障害のある方にみられる細菌性心内膜炎は、その原因のほとんどが口の中にいる細菌ですので、予防には口の中を清潔に保つケアが欠かせません。
また、歯周病の原因菌が心臓をとり巻く冠動脈に感染すると、毒素や炎症をひきおこす物質が血栓を起こしやすく、動脈硬化を進行させる可能性も指摘されています。
血圧、コレステロール、中性脂肪が高めの方は、歯周病があれば、しっかり治療し、心臓病のリスクを遠ざけたいものです。

歯周病と心臓病の関係について教えてください。図

Q2 歯周病と狭心症・心筋梗塞の関係について教えて下さい。
A2

狭心症・心筋梗塞とは、動脈硬化により血管が狭くなったり、ふさがったりして、心筋に血液供給がなくなり死に至ることもある病気です。

動脈硬化は、不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因とされていましたが、別の因子として歯周病原因菌などの細菌感染がクローズアップされてきました。

歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラーク(粥状の脂肪性沈着物)ができ、血管の通り道は細くなります。プラークが剥がれて血の塊ができると、血管が詰まる可能性があります。

※参考サイト 「日本臨床歯周病学会」

Q3 歯周病の人は脳梗塞になりやすいのですか?
A3

脳梗塞とは、脳や頸動脈、心臓から血の塊やプラークが飛んで来て脳血管が詰まる病気です。歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になりやすいと言われています。

血圧、コレステロール、中性脂肪が高めの方は、動脈疾患予防のためにも歯周病の予防や治療は、より重要となります。

※参考サイト 「日本臨床歯周病学会」

Q4 歯周病の人は関節炎・腎炎を発症しますか?
A4

関節炎や糸球体腎炎が発症する原因のひとつとして、ウイルスや細菌の感染があります。関節炎や糸球体腎炎の原因となる黄色ブドウ球菌や連鎖球菌の多くは、歯周病原性細菌など口腔内に多く存在します。

これらのお口の中の細菌が血液中に入り込んだり、歯周炎によって作り出された炎症物質が血液に入り込むことで、関節炎や糸球体腎炎が発症することがあります。

※参考サイト 「日本臨床歯周病学会」

Q5 歯周病とメタボリックシンドロームに関連性はあるのですか?
A5

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態のことです。

糖尿病などの生活習慣病は、それぞれの病気が別々に進行するのではなく、おなかのまわりの内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満が大きくかかわるものであることがわかってきました。

メタボリック症候群の診断基準は2005年4月に作られました。

ウエスト周囲径が男性で85cm以上、女性で90cm以上を基盤とし、さらに、下の3つの症状のうち2つ以上該当した場合、メタボリックシンドロームと診断されます。

1.中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれかまたは両方

2.血圧が上で130mmHg以上、下で85mmHg以上のいずれかまたは両方

3.空腹時血糖が110mg/dl以上

大きな特徴は内臓脂肪を基盤とすることであり、高血圧、高血糖、脂質異常の値がさほど高くなくても脳卒中や心筋梗塞の危険性が高くなります。

歯周病とメタボリックシンドロームの関連性が注目されています。

詳しいメカニズムは解明されていませんが、歯周病の病巣から放出されるLPS(歯周病菌由来の毒素)やTNFαは脂肪組織や肝臓のインスリン抵抗性を増加させ、血糖値を上昇させます。また、重度歯周病患者では血中CRP値が上昇し、動脈硬化や心筋梗塞発症のリスク亢進と密接に関与すると考えられています。さらには、この慢性炎症が個体の老化を促進するという論文も出てきました。

※参考サイト 「日本臨床歯周病学会」

Q6 睡眠時無呼吸症候群だと緑内障になりやすいって本当ですか?
A6

本当です。

他にリスク要因として、低血圧・高血圧・糖尿病・近視・偏頭痛・遺伝(学族歴)や、40才以上の冷え症も悪いと言われています。

原因は血液の量と質の悪化、すなわち目の血流低下による栄養である酸素の不足により引き起こされるということです。

 

※参考
 「ためしてガッテン」

Q7 睡眠時無呼吸症候群と動脈硬化は関係ありますか?
A7

閉塞性睡眠時無呼吸は動脈硬化性疾患の独立した危険因子であるとされています。

※参考書籍
 「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版」
 一般社団法人 日本動脈硬化学会

Q8 口と腸が影響し合う深い関係にあるって本当ですか?
A8

口腔と腸はただつながっているというだけでなく、どちらかの状態が悪くなると、もう一方の働きも悪くなってしまう深い関係にあります。

食べ物が口腔内へ入ると、まず咀嚼によって細かく砕かれ、唾液と混ぜ合わされて消化が始まります。飲み込んだ食べ物は食道を経て胃にたどり着き、さらに消化が進み、小腸、大腸へと進んで、消化・吸収されていきます。

口は消化器官のスタート地点であり、腸までずっとつながっています。これまでは口腔と腸は物理的につながっていても、機能的なつながりはうすく、直接影響し合うことはないと考えられてきました。

ところが、口腔の環境が悪化すると、腸内細菌のバランスが乱れ、腸内環境も悪くなるということが最近の研究で分かりました。この腸内細菌は、ある種類のリンパ球の発達にかかわっているため、腸内環境が悪化すると、免疫機能の調整が難しくなります。

一方、口腔内にある免疫細胞は、腸管で成熟したものがリンパ管を経由して、口腔に到達したものです。そのため、腸内環境が悪くなると、口腔内の免疫力もダウンしてしまいます。

※参考書籍
 「全ての病気は「口の中」から!」 森永 宏喜 著  さくら舎

Q9 口腔内の細菌は血管内に侵入しやすいって本当?
A9

「天皇陛下の執刀医」である天野先生が週刊新潮の連載「『佳(よ)く生きる』ための処方箋」第5回(2016年6月9日号)の「口は災いの元」というエッセイのなかで、

「厄介なことに口腔内の細菌は血液中に入り込みやすい傾向があるようです。(中略)こういった事態を防ごうと、心臓やがんの手術、抗がん剤による化学療法などの前に、歯科医師のもとで口腔内をきれいにする『周術期口腔ケア』が行われています」

「また最近、注目されているのが『慢性炎症』です。たとえば歯周病で歯茎に炎症があると(中略)その免疫の連鎖反応が血管内にも飛び火します。その結果、起こるのが動脈硬化の悪化。(中略)実際、歯周病の人は心筋梗塞になるリスクが高いという報告もあるほどです」

と書かれています。

 

天野先生は「口腔内の細菌は血管内に侵入しやすい」ということを、「医学の教科書には書かれていません。7200例以上の心臓手術をしてきた外科医の実感であり発見」だと書かれているのです。

 

そしてエッセイの最後は、「まさに口は病の元。下手をすると命取りになりますから、くれぐれもご用心を」と結んでいます。

 

※参考書籍
 「全ての病気は「口の中」から!」 森永 宏喜 著  さくら舎

Q10 噛めないと認知症が進むって本当?
A10

歯周病や虫歯が進行した結果として「歯を失う」という状況が生まれます。簡単にいってしまえば、当然「噛めない」ということです。この噛めないということは「慢性の小さな炎症」と並んで、認知症発症の大きなキーワードになっています。日本とアメリカの歯と認知症に関する興味深い調査結果をご紹介します。

 

・自分の歯を半分以上失っていたり、総入れ歯を使っていたりすると、アルツハイマー病を発症しやすい

(日本の43歳から89歳のアルツハイマー型認知症患者60人と、性別・年齢構成が近い健常者120人を比較)

 

・自分の歯が20本以上ある人と比べて、自分の歯がほとんどなく、義歯も使っていない人は、認知症の発症のリスクが平均1.85倍も高まる

(日本の65歳以上の4425人を4年間追跡)

 

・残っている歯の数が少ないほど、アルツハイマーのリスクは高くなる

・歯の数でいえば、自分の歯が9本以下の人は、10本以上の人と比較して、平均2.2倍アルツハイマー病になりやすかった

(アメリカで75歳から98歳までの尼僧144人を12年間追跡)

 

噛めないということは、それだけで、脳への刺激が減って認知症になる可能性が大きくなることが考えられます。

また、噛むのに支障が出てくると、自然と食事の内容が制限されることになります。ということは、何でもしっかり摂れていたときより栄養不足になる傾向があり、それが認知機能の低下に拍車をかけることになるといえそうです。

 

※参考書籍
 「全ての病気は「口の中」から!」 森永 宏喜 著  さくら舎

1 / 212

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています