入れ歯

Q1 義歯があるのは何のため?
A1

義歯は食事を摂るために必要なものであることは皆さんもお分かりでしょう。では、食べられなくなったとき義歯は必要なくなるのでしょうか?
実際、「経口摂取をしていないから」という理由で義歯をはずされるのはよくあることですが、それが常識のように感じてはいませんか?
実は義歯は食べること以外に、様々な面で多くの役割を担っているのです。

私たちは1日に1.5lもの唾液を出し、飲み込んでいます。経口摂取していない人が、誤嚥性肺炎を繰り返し起こすのは、自分の唾液の嚥下や痰が処理できない口腔になっていることが大きな要因となっています。

義歯の役割

●残っている歯を助ける
●嚥下時の圧力を高める
●顔貌を整える
●下顎の場所を固定する
●咬むことにより脳へ刺激を与える
●言葉がはっきりする
●直立した姿勢が安定し、歩行の安定にもつながる

欠損部分を義歯で補い、上下の歯があることにより下顎のあるべき場所が確定します。そうして下顎が固定されることによって嚥下時に舌に力を入れやすくなり、その結果嚥下圧が高まり、誤嚥のリスクが低くなります。歯の欠損が多い場合に、義歯がこれを補っていないことが誤嚥のリスクを高めるのです。また、パーキンソン病や抗精神病薬が投与されている場合によく見られる常にモグモグするような顎の動きが、義歯がなく下顎が固定されない場合に出てくることがあります。歯がないと顎が落ち着く場所がわからず、様々な問題につながります。

また咀嚼できる歯があるからこそ、下顎が常に上顎を突き上げ脳への刺激にもなります。更に、よく噛むことは唾液を出し、消化を助け、舌や頬を使うことで機能維持や口腔内の自浄作用にもつながります

そのほか部分義歯の場合は、装着することで残っている歯にかかる負担を減らすことができます。義歯がないと残りの歯に負担がかかり、そしてそれらの歯が徐々に駄目になり、義歯は更に大きくならざるを得ません。

このように義歯は食べることを助けるだけでなく、義歯を装着したら20才くらい若返ったというのはよくある話で、言葉もはっきりし、体の平衡感覚が保たれ歩行の安定にもつながり、ひいては外出する気持ちが芽生えることも想像できますね。

つまりその人が、身体的にも精神的にも社会的にもその人らしくあるために、義歯は必要なのです。

※参考
 義歯があるのは何のため? (PDF形式 676KB)
 ライオン歯科材株式会社ホームページ

Q2 歯が抜けても、入れ歯を作らないで済ますことはできますか?
A2

抜けた歯の部分をそのまま放置しておくと、さまざまな問題が生じます。
まず抜けた部分の隣の歯が寄ってきて、歯の配列のバランスが崩れてしまいます。そうすると歯の間にすきまができ、歯周病になってしまうこともあります。また噛み合わせが悪くなり、顎関節症の原因ともなります。筋肉が痛む場合もあります。さらに挺出という問題があります。挺出とは、抜けた歯の反対側の歯が飛び出してくる現象です。つまり、上の歯が抜けた場合は下の歯が伸び、下の歯が抜けると上野歯が伸びてしまうのです。隣の歯が寄ったり、挺出が起こると見た目がよくない、食べ物がつまるなどの問題があります。
このような問題は、徐々に長い時間をかけて起こるので、放置してしまう例も少なくありません。しかし、こうなってしまってからの治療はとても困難になりますし、費用も高くなります。歯が抜けたらできるだけ早く、歯科医に治療してもらいましょう。

※参考書籍 「入れ歯名人」 田中 久敏 監修 海苑社

Q3 新しい入れ歯を入れた直後はどんなことに注意すればよいでしょうか?
A3

新しい靴を履いたときには靴ずれが起きやすいように、作ったばかりの入れ歯も、慣れるまでにある程度の時間がかかります。新しい入れ歯を入れたときに注意しなければならないのは、「食べ物」です。できるだけ軟らかい食べ物から、徐々に硬い食べ物に移行していくとよいでしょう。当初は固形物を避け、おかゆのような流動食を食べてください。仮に固形物を食べるにしても、十分に煮込むなど、できるだけ軟らかくなるように調理しましょう。また、食べ物を小さく切って食べましょう。食べ物の形状にも注意が必要です。麺類は軟らかいのですが、入れ歯を入れてすぐの食品としては不向きです。麺類は細長いので、慣れるまでには時間がかかるからです。
入れ歯に慣れると、当初の痛みも薄らいできます。しかし、別の食品を食べると、また痛みが出てくることもあります。そのようなときは、歯科医院で調整するようにしてください。こうした慣れと調整を繰り返すことで、入れ歯は次第に「自分の歯」になってきます。

※参考書籍 「入れ歯名人」 田中 久敏 監修 海苑社

Q4 入れ歯を入れると痛いのは合っていないからでしょうか?
A4

「入れ歯を入れると痛い」という訴えは、とても多くあります。入れ歯の痛みには、さまざまな原因があります。その1つは噛み合わせが悪く入れ歯が動くと、特に食事のときに痛みがひどくなるというものです。歯ぐきが本来の形から変形していて、噛み合わせのときの圧力をうまく分散できないという場合もあります。あるいは歯ぐきがやせているなど、口腔内の構造が入れ歯を不安定にし、痛みの原因となっている場合もあります。ほかにも粘膜と接する入れ歯の部分が滑らかでなく、ザラザラしているために痛むこともあります。これは、入れ歯を十分に研磨していなかったことが原因です。
入れ歯は、本人の時々の状態によって装着感が違ってきます。痛みを感じるのは、一時的なこともあります。しかし、痛みが続くようでしたら、早めに入れ歯を修正することが必要です。痛みがある入れ歯をそのまましていると、褥瘡性潰瘍(じょくそうせいかいよう)になってしまう危険性があります。これは歯と歯ぐきが擦りあって、歯ぐきに傷ができてしまうというものです。あるいは顎の関節に障害ができたり、残っている歯を痛めたりしてしまうこともあります。

※参考書籍 「入れ歯名人」 田中 久敏 監修 海苑社

Q5 入れ歯がゆるくなった気がするのですが・・・
A5

入れ歯は長年使っていると、本人の口腔の状態が変化して合わなくなります。入れ歯がゆるくなった最も多い原因は、顎の骨が減り、歯ぐきがやせてきたことです。この場合、やせた程度によって対処法も変わってきます。

歯ぐきがそれほどやせていなければ、入れ歯の内側に同じ材料を裏打ちして適合をよくし、調整することができます。歯ぐきが相当にやせていれば、新しい入れ歯を作ったほうがよいでしょう。

また、長く使っている入れ歯は、噛み合わせのバランスが崩れてきます。そのため入れ歯がすり減ったり、金具が壊れたりして、ゆるくなる場合もあります。歯ぐきがやせることと、入れ歯がすり減ることが同時進行し、ゆるくなってしまうことも少なくありません。

ゆるくなった入れ歯を安定させる方法として、入れ歯安定剤を使っている人もいます。しかし入れ歯安定剤を長期間利用すると、歯ぐきに不均等な圧力がかかって顎の骨が吸収してやせたり、口内炎になったりするなどさまざまな問題があります。
入れ歯ががたついて食べにくい時や、しゃべりにくい時、歯科医院に行くまでの間など、入れ歯安定剤の使用は一時的な応急処置にとどめるべきです。
市販されている入れ歯安定剤は、「義歯粘着剤」と「ホームリライナー」の2つに分けられますが、「義歯粘着剤」をオススメします。
使用の際は説明書をよく読み、正しい使い方を心がけましょう。

入れ歯をしている人の顎の骨がやせてくるのは、やむを得ないことです。今ある入れ歯を修理・調整して対処するのか、それとも新しい入れ歯を作るのかはしっかりした診察を行った上で、判断しなければなりません。入れ歯がゆるくなったと思ったら、まずは歯科医に相談してください。

※参考書籍 「入れ歯名人」 田中 久敏 監修 海苑社

Q6 入れ歯洗浄剤を使ったほうがよいのでしょうか?
A6

入れ歯を長持ちさせるためには、日々の洗浄がとても大切です。汚れたままの入れ歯を使うと細菌が繁殖し、口内炎や誤嚥性肺炎、感染性心内膜炎などの原因となることもあります。入れ歯の洗浄には、専用のブラシで汚れを落とすほか、入れ歯洗浄剤を使います。入れ歯にはその構造上、ブラシでは届かない部分があります。ブラシだけでは落ちない汚れもあります。
こうしたことを避けるために、入れ歯洗浄剤を使うことは意味のあることです。洗浄剤とブラシによる洗浄を併行することで、より高い効果を得ることができます。ただし、あまり洗浄力が強い洗浄剤は、入れ歯の素材を痛めてしまいかねません。さまざまな入れ歯洗浄剤が市販されていますが、その成分と効果をよく確認して購入しましょう。普段はブラシで洗浄し、2~3日に一度洗浄剤を使うとよいでしょう。洗浄剤を使う場合には、熱湯を使わず、洗浄後は必ず水洗いをしましょう。入れ歯の素材によっては洗浄剤の成分の影響で、変色してしまうこともあるので注意が必要です。

※参考書籍 「入れ歯名人」 田中 久敏 監修 海苑社

Q7 入れ歯の正しい洗い方を教えてください。
A7

入れ歯は日々洗浄し、清潔にしておかなければなりません。それには正しい洗い方をマスターする必要があります。それが入れ歯を長持ちさせ、においを防ぐことにもなります。またカンジダ症や口内の炎症の予防にも役立ちます。
入れ歯を磨くときは必ず外して、専用のブラシを使い、流水で汚れを落とします。金具の部分を含め、入れ歯の隅々まで丁寧に磨くことが大切です。このとき歯磨き粉を使ったり、あまり強く磨くと入れ歯を傷つけ磨耗を早めてしまいます。お食事の後と寝る前に、水洗いして下さい。数日おきに、入れ歯洗浄剤を使うと効果が高まります
洗浄した入れ歯は、乾燥しないように水の中に入れておきましょう。

※参考書籍 「入れ歯名人」 田中 久敏 監修 海苑社

河口

Q8 義歯の清掃は毎食後必要なんですか?
A8

不潔な義歯には、多くの微生物(誤嚥性肺炎・日和見感染症・心内膜炎起炎菌、MRSA、カンジダ菌、など)が存在します。免疫力の低下した高齢者にとって清掃不良の義歯は、生命を脅かすものになりかねません。義歯が汚れたままになっていると、微生物が繁殖しやすい環境になり、活発に活動するようになり、状況は悪くなるばかりです。

したがって、毎食後の口腔ケアの一環として義歯の清掃は必要不可欠なのです。視力の低下した高齢者には、鈎歯や孤立歯の周囲が不潔な場合が結構ありますので注意して下さい。

特に就寝時は、特別な場合を除いては義歯を外して清掃後、水に浸けておいた方が良いでしょう。また、定期的に義歯洗浄剤を使用することもお勧めします。

睡眠時は口腔内が乾燥し、微生物が繁殖しやすい環境となります。寝る前に水を飲むなどして唾液の分泌を促しましょう。ブラッシングのときに歯ブラシで歯ぐき・唾液腺をマッサージすることも唾液の分泌に有効です。電動歯ブラシの中には振動でマッサージ効果があるものもありますが、正しく使用しなければ粘膜の損傷など悪影響を及ぼすことにもなりかねません。歯科衛生士が磨き方のクセなどでうまく磨けていないところのチェックや患者さんひとりひとりに合ったケア方法を指導しますので、定期検診には必ずお越しください。

※参考
 ライオン歯科材株式会社ホームページ

Q9 寝るとき、入れ歯は外したほうがよいのでしょうか?
A9

一般的には、入れ歯をしているときは歯ぐきが圧迫されているため、歯ぐきを休めるために外したほうが望ましいといえるでしょう。また、寝ている間に飲み込んでしまう危険性もあります。こうしたことから入れ歯は夜に外して洗浄し、朝に装着するのが普通です。
しかし、残っている歯が少なく、入れ歯を外してしまうといっそう大きな負担がかかってしまう場合や、歯ぎしりや食いしばりが激しい人はつけたまま寝たほうがよいでしょう。なかには、入れ歯を外すと呼吸がしづらくなるという人もいます。お口の中が乾燥する方は、入れ歯を入れておくことによって保湿効果も期待できます。
このように寝るときに入れ歯を外したほうがよいのか、装着したままがよいのかは、その人によって違います。自分の歯と入れ歯の状態をよく知る歯科医に相談して、どうするかを決めるのがよいでしょう。装着したまま寝る場合にも、いったん入れ歯を外して洗浄し、その後で再び入れ歯を入れて寝るようにしましょう。

※参考書籍 「入れ歯名人」 田中 久敏 監修 海苑社

Q10 入れ歯を作るとき、費用はどのくらいかかりますか?
A10

入れ歯を作るときの費用は、保険適用なのか、自由診療なのかで大きく違います。保険適用の場合、人工歯や義歯床の素材は樹脂に限られます自由診療の場合は、義歯床の素材としてチタンなどの金属を使うことができます。入れ歯の使い心地も、より精密な治療を行うだけに、自由診療のほうが優れている場合が多いというのが一般的な評価です。
総入れ歯を保険適用で作った場合、上下いずれか片方で1万円前後です。自由診療の場合は、入れ歯の形式や素材、形状によって大きく違います。金属床の場合、上下いずれか片方で20~50万円程度が一般的ですが、これは1つの目安に過ぎません。歯科医院によっても費用に幅があり、100万円を超えることもあります。
費用は安いのに越したことはありませんが、高い費用にはそれなりの根拠があります。今後のメインテナンス、次に新しい入れ歯を入れ替えるまでの期間など、さまざまな点を総合的に考えてどれだけ費用をかければよいかを判断することが大切です。

※参考書籍 「入れ歯名人」 田中 久敏 監修 海苑社

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています