定期検診

Q1 メインテナンスって、なんですか?定期的にお口の検査をするのですか?
A1

歯科医院で行うメインテナンスとは、定期検診とも呼ばれていますが、医科の定期検診と違って検査や健康指導だけでなく、歯石取りやクリーニングなども行う歯科独自のケアシステムです。

※参考書籍 「nico 2009.2 クインテッセンス出版株式会社」

Q2 歯の定期検診って必要なの?
A2

歯や歯ぐきが痛みだしてから治療をすると時間も費用もかかってしまいます。
多くの人の場合、歯が痛い、腫れているなど自覚症状が出てから来院されますが、定期的にチェックすることで、早い段階で虫歯や歯周病を予防、治療することができます。
定期
検診では、毎日の歯磨きだけでは残ってしまうしつこいむし歯菌や歯周病菌を、プロのワザでしっかりとかき出し、減らします。
他にも、歯石や着色の除去、初期の虫歯の治療、被せものや口腔内の状態のチェックなどを行います。
むし歯菌や歯周病菌の棲みかであるプラークや歯石を取り除けば、病気のリスクを減らすことができるのです。
一度除去しても2~3ヵ月で元の状態に戻ってしまいますので、何ヶ月かごとに定期的に行い、リスク管理をしましょう。トラブルの起こりにくいお口を長く維持することができます。

歯ブラシの使い方などケアの方法についてもお話させていただきます。
ご家庭でのホームケアをしっかりしてお口の中からむし歯菌、歯周病菌を減らしましょう。
「治療」ではなく「予防」のために定期検診を受診されることをおすすめします。

歯科の定期検診の頻度についてのQ&Aはこちら

 

※参考書籍 「nico 2009.2 クインテッセンス出版株式会社」

倉岡

Q3 メインテナンスって何をするのですか?
A3

メインテナンスの内容についてご説明しましょう。

1.なにか気になることありますか?

歯やお口のなか、体調や日常生活などのことでなにか気になっていること、困っていることがあるかをお聞きします。近ごろ体調不良でお薬が増えているとか、受験勉強で忙しいとか、そんな日常のお話もお聞きできると、患者さんが無理なく続けられるケア方法をいっしょに考えていくことができます。

2.お口のなかをチェックします。

むし歯は?歯周病は?前に詰めたところは大丈夫かな?など、これまでのカルテを見ながら、お口の状態が良好かどうかや、治療済みの場所にトラブルが起きていないかをチェックして記録していきます。これまで受けた治療などによって、大切なチェックポイントは患者さんごとにさまざまです。

3.チェックの結果をお話します。

チェックした結果を患者さんにご報告し、ご説明します。前回のメインテナンスのときの違いやケアが上手になって改善しているところなどについても具体的にお話します。

4.ホームケアについてアドバイスします。

ホームケアでどんなところに気をつけるとよいのか、患者さんごとに具体的なケアのコツをアドバイスします。患者さんに合った歯ブラシや歯みがき剤の選び方などについてもご説明します。すでに十分きれいにできているかたには、毎回は必要ありませんね。
フッ素は歯を強くし、むし歯予防にたいへん効果があります。軟らかい乳歯のお子さんから、歯ぐきが下がって歯の根元にむし歯のできやすいシニア世代の方まで幅広い年齢層の方々に効果があります。私たちの院ではフッ素洗口を1日1回行う「毎日法」をお勧めしています。

5.クリーニングをします。

歯みがきだけでは取りきれないプラークや歯石をすみずみまで取り除いてお口のなかの環境を整え、むし歯や歯周病の原因菌を減らします。原因菌を少なくすれば、むし歯も歯周病も悪くはなりません。治療も長持ちします。このふだんからのクリーニングこそ、他の医療分野にはない歯科独特のシステムです。

※参考書籍 「nico 2009.2 クインテッセンス出版株式会社」

Q4 歯周炎治療が終わったと思ったらメインテナンスのため、定期的にまた通うように言われました。必要あるんでしょうか?
A4

歯周炎は、いったん治っても歯周ポケットができているのでプラークが溜まると再発します。定期的にクリーニングを受けて再発を予防していきましょう!

※参考書籍 「nico 2015.4 クインテッセンス出版株式会社」

Q5 メインテナンスを途中で中断したのですが・・・・
A5

メインテナンスも重要な歯周治療の一部分です。歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病する疾患です。したがって、この細菌を除去し続けることが歯周病を予防し、お口の健康を維持するために必要となります。細菌の集団である歯垢は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌はご自身のブラッシングだけでは除去できません。メインテナンスを途中で中断した場合、歯周病が再発したり、新しいう蝕が発生して、以前に行った治療の効果が失われてしまいます。歯科衛生士による専門的なクリーニングを受け定期的なメインテナンスを継続していくことが、歯周治療のゴールとなります。

※参考サイト 「日本臨床歯周病学会」

Q6 メインテナンスはどのくらいの間隔で行けばよいのですか?
A6

もっともよくあるメインテナンス間隔は3~6ヶ月に1度です。しかし、この間隔は画一的に決めるべきものではありません。メインテナンスは、患者さんのバイオフィルムの病原性が高くなる前にバイオフィルムと歯石を除去することが目的です。そのタイミングには個人差があります。わずかな蓄積でもバイオフィルムが成熟し高病原性化するのか、そうでないのかを見極めるために、歯周治療が終わってから1ヵ月後、2ヵ月後、3ヵ月後と徐々に間隔を空けて歯周状態を観察してもらいましょう。

 

※参考書籍
 「あなたの知識は最新ですか?歯科衛生士のための21世紀のペリオドントロジーダイジェスト」
 天野 敦雄 著 クインテッセンス出版株式会社

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています