Question

左の永久歯は出ているのに、右の同じ部位の歯が出てこないんですが?

Answer

歯種にかかわらず、平均的な歯の萌出時期より10~12カ月以上遅延が認められている場合や萌出時期の左右差が6カ月以上ある場合は、萌出遅延があると考えるべきです。(前述の通り、正常あるいは平均的な萌出時期から遅れているだけでは埋伏歯の診断は困難ですが、“埋伏歯の疑いがある”とは考えるべきです)。

なお、10歳を過ぎても上顎乳犬歯が動揺もなく残存し、頬側の膨隆が触知されなければ、犬歯が埋伏している可能性があり、さらなる検査が必要となります。

診査については、視診・触診・レントゲン診が行われます。

永久歯の先天欠如の可能性もあります。そのため、レントゲン診が必要となります。

先天欠如は系統発生学的原因などによって起こる歯の発育異常です。

日本小児歯科学会が行った全国調査によると、「第三大臼歯を除く、永久歯の先天欠如の発現頻度は10.09%であった。また、永久歯先天欠如は上顎より下顎に多く、歯種別では、下顎第二小臼歯がもっとも多く、次いで下顎側切歯、上顎第二小臼歯、上顎側切歯の順に認められるということであった。」ということです。

永久歯先天欠如の歯種別発現頻度(上下顎上位4歯)

永久歯の先天性欠如:上下顎の発現率の割合が高い歯種を表した図

歯の萌出

最初の乳歯は、生後6か月から8か月にかけて下の真ん中の2本から生えてきます。離れたり少しねじれたりして出てくることもありますが、あまり心配はいりません。この歯は乳中切歯と呼ばれ、少し遅れてその隣の乳側切歯や、相対する上の乳切歯が生えてきます。1歳半くらいになると1本離れたところに奥歯の第一乳臼歯が、また、2歳までには乳側切歯と第一乳臼歯の間に乳犬歯が生え、最後に一番後ろの乳歯である第二乳臼歯が2歳半から3歳頃にかけて生えてきます。

歯の萌出の標準年齢(日本小児歯科学会1988)

乳歯の萌出時期

男(平均月日)

  上顎 下顎
乳中切歯 10か月 8か月
乳側切歯 11か月 1歳0か月
乳犬歯 1歳6か月 1歳7か月
第一乳臼歯 1歳4か月 1歳5か月
第二乳臼歯 2歳5か月 2歳3か月

 

女(平均月日)

  上顎 下顎
乳中切歯 10か月 9か月
乳側切歯 11か月 1歳0か月
乳犬歯 1歳6か月 1歳7か月
第一乳臼歯 1歳4か月 1歳5か月
第二乳臼歯 2歳6か月 2歳3か月
 
永久歯の萌出時期

男(平均月日)

  上顎 下顎
中切歯 7歳3か月 6歳3か月
側切歯 8歳5か月 7歳3か月
犬歯 10歳10か月 10歳2か月
第一小臼歯 10歳0か月 10歳2か月
第二小臼歯 11歳1か月 11歳4か月
第一大臼歯 6歳8か月 6歳5か月
第二大臼歯 13歳3か月 12歳5か月
第三大臼歯
(親知らず)
17歳4か月 17歳3か月

 

女(平均月日)

  上顎 下顎
中切歯 7歳0か月 6歳1か月
側切歯 8歳0か月 7歳0か月
犬歯 10歳2か月 9歳3か月
第一小臼歯 9歳4か月 9歳7か月
第二小臼歯 10歳7か月 10歳9か月
第一大臼歯 6歳7か月 6歳2か月
第二大臼歯 12歳9か月 11歳8か月
第三大臼歯
(親知らず)
17歳8か月 17歳5か月

 

※個人差があるため、これは目安です。

※参考書籍
 「小児歯科矯正歯科の基本を大切にした小児期からの咬合治療」
 石谷 徳人 著  東京臨床出版

 「生きる力をはぐくむ口腔機能」
 一般社団法人 日本学校歯科医会

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています