Question

タバコと血圧の関係を教えてください。

Answer

タバコは血圧によくありません。タバコを吸うと、末梢の血管が縮まってしまい、血液が流れる面積が減ることで血圧は上がってしまいます。

また、科学的根拠として、「タバコを1本吸えば、血圧は10~20mmHg上がり、その状態が15分続く」というものがあります。1グラムの減塩で1mmHg血圧が下がるという事実と比較すると、一時的な現象ではあるものの、タバコを1本吸わないことは、1日10~20グラムの減塩に匹敵するインパクトがあるということになります。

しかも、血圧上昇が15分続くということは、1日に1箱(20本)を吸う人なら、単純計算で300分、つまり5時間高血圧が続く計算になります。寝ている時間や食事・入浴時間などを省くと、起きている時間のほとんどが高血圧状態になりかねません。

 

また、タバコは肺がんの原因になり、1本吸うと5分30秒寿命が縮みます。

血圧管理の面からだけでなく、肺がんの誘発を含めてタバコは百害あって一利なし。今すぐやめましょう!

 

 

※参考書籍

 「クスリを飲まずに、血圧を下げる方法」

 渡辺 尚彦  廣済堂出版

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

まだデータがありません。

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています