Question

「むし歯は一度できると進む一方だ」とこれまで思い込んでいましたが、止まったり、治ったりするのですか?学校歯科健康診断って何ですか?

Answer

穴が開いてしまったら難しいですがCOの段階なら止めることができますし、うまくいけば健全歯にもどすこともできます。むし歯には慢性型と急性型があり、慢性型は進行しにくく管理しやすいです。

 

少し前まではむし歯は「一度できてしまったら悪くなる一方だ」「早く削って詰めたほうがいい」と信じられてきました。しかし現在ではむし歯学の研究が進み、むし歯の抑制法のエビデンスが確立されています。その結果、軽々に削って詰めたりしないほうがいいことが明らかになっています。

 

ある地域の児童生徒(小学1年生~中学1年生)のCOを2年間追跡した調査結果があります。

「COと診断され経過観察を続けた結果、2年後には53%はCOのまま進行が停止しており、35%は健全歯に戻っていた。削る治療が必要になったケースは12%にとどまった。」

このことからも分かるように削って詰める前に、指導と経過観察を受けることがとても重要です。

 

※参考書籍 「nico 2016.4 クインテッセンス出版株式会社」

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています