MTM(小矯正)

Q1 MTMって、口全体の矯正とどこがちがう?
A1

おもに1本の歯にねらいをしぼって動かしていく治療です。口全体の矯正よりも小規模に時間をかけずに行います。歯の治療や歯周炎の治療にたいへん効果の高い治療です。

※参考書籍 「nico 2007.8 クインテッセンス出版株式会社」

Q2 MTMってどんな方法?
A2

MTMとひと口にいっても方法はさまざまです。歯科医師は、治療目的をしぼってその都度最適な方法を選択し組み合わせています。MTMでどんなことができるかまずは代表的なところからご説明しましょう。

おもな方法はふたつです。

1.ひっぱり出す(挺出)

(ア)歯根だけが残った歯をひっぱり出してクラウンをかぶせる土台を作る(補綴治療の目的で)
(イ)歯をひっぱり上げて歯根膜の骨芽細胞を働かせ、歯槽骨をあらたに作る(歯周病治療やインプラント治療の目的で)
(ウ)生えてこない埋伏歯をひっぱって萌出させる

MTMってどんな方法?の図示1 挺出には(1)装置を使って引っ張り出す方法、(2)外科的な手術を用いる方法、(3)自然な歯の挺出を待つ方法の3つがあります。

2.傾いた歯をまっすぐ起こす(整直)

(ア)倒れてきて噛めなくなった歯をもとのように起こし、ブリッジやインプラントなどを使い再び噛める歯にする(補綴治療の目的で)
(イ)歯を起こして、歯の掃除をしやすい状態に戻し、歯周病の原因を取り去り、歯槽骨を増やす
歯周治療の目的で)

MTMってどんな方法?の図示2 起こす 装置を使って行ないます。

MTMってどんな方法?の図示1 挺出には(1)装置を使って引っ張り出す方法、(2)外科的な手術を用いる方法、(3)自然な歯の挺出を待つ方法の3つがあります。
MTMってどんな方法?の図示2 起こす 装置を使って行ないます。

1.ひっぱり出す(挺出)

 (ア)歯根だけが残った歯をひっぱり出してクラウンを
   かぶせる土台を作る
   (補綴治療の目的で)
 (イ)歯をひっぱり上げて歯根膜の骨芽細胞を働かせ、
   歯槽骨をあらたに作る
   (歯周病治療やインプラント治療の目的で)
 (ウ)生えてこない埋伏歯をひっぱって萌出させる

2.傾いた歯をまっすぐ起こす(整直)

 (ア)倒れてきて噛めなくなった歯をもとのように起こし、
   ブリッジやインプラントなどを使い再び噛める歯にする
   (補綴治療の目的で)
 (イ)歯を起こして、歯の掃除をしやすい状態に戻し、
   歯周病の原因を取り去り、歯槽骨を増やす
   (歯周治療の目的で)

そのほかの方法は?

MTMってどんな方法?の図示3

※参考書籍 「nico 2007.8 クインテッセンス出版株式会社」

Q3 矯正用インプラントを入れるのは痛いですか?
A3

いいえ、入れるときには麻酔をしますので強い痛みはありません。

Q4 矯正用インプラントを入れた後の痛みはどうですか?
A4

ほとんどの場合痛みはないようです。
不安であれば歯科医師に痛み止め薬をもらってください。

Q5 どのくらいの期間、矯正用インプラントを入れておくのですか?
A5

歯の移動の距離や本数にもよりますが、通常半年~1年くらいの間入れたままにしておきます。

Q6 治療の費用はどのくらいかかりますか?
A6

入れる部位や本数によって異なります。
担当の歯科医師に詳しくお尋ねください。

Q7 矯正用インプラントのお手入れの注意点を教えてください。
A7

矯正インプラントインプラントアンカーともいいます。

1.  矯正インプラント周囲は、柔らかい歯ブラシで軽くこすってください。
清潔を保つことが大切です。

2.  矯正用インプラントがゆるんだら、すぐに歯科医師に相談してください。
不安になればいつでも矯正用インプラントを外せますので、ご安心ください。

3. 電動ハブラシは、矯正用インプラント周囲には使わないでください。

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています