Question

ビスフォスフォネート系薬剤を使っていても全員に起こるわけではないそうです。どんなきっかけで起きるのですか?

Answer

あごの骨が壊死、つまり死んでしまうのです。発症のきっかけは、抜歯などの外科処置が多いです。むし歯・歯周炎の放置や、お口の不衛生、口内炎、骨隆起、入れ歯の圧迫などがあるとより起こりやすくなります。
発症のリスクを減らすにはお口のなかを清潔に保つこと。放置してあるむし歯や歯周炎を治し定期的にクリーニングを受けましょう!

※参考書籍 「nico 2010.10 クインテッセンス出版株式会社」

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています