Question

レーザー治療って?

Answer

レーザー治療とは、強いエネルギーをもった特殊な光を患部に照射して行う治療です。組織に吸収された光が熱エネルギーに変化し、分子構造を破壊して患部に作用して、治療効果をもたらします。

強いレーザー光線は、患部をメスのように切開したり、蒸発(蒸散)させて取り除いたり、殺菌効果や、切開した粘膜を瞬間的な熱効果で固める止血効果があります。術後の痛みが少なく、しかも処置中の痛みの伝達を抑制する効果もあるため、患者さんの負担を減らす治療に大活躍しています

レーザー治療は、外科領域の切開や蒸散などに用いられるだけではありません。光の出力を調整したり、少し離してやわらかくレーザー光線を照射すると、細胞を活性化して治癒を早める効果が期待できます。そこで、消炎に、治癒の促進にと、さまざまな治療に用いられています。さじ加減が難しく、機器を使いこなすには高度なテクニックが必要ですが、一台あるとさまざまな効果を生み出すスグレモノなのです。

レーザー治療は、歯科では1980年代の後半から、歯ぐきなどの粘膜の治療にまず使われるようになりました。90年代からは、歯などの硬組織や歯石にも使えるタイプの歯科用レーザーが誕生し、さらに現在では、骨の手術に適した機種も登場するなど、新たなタイプの歯科用レーザーが実用化されています。

現在国内で使われている主要な歯科用レーザーにはいくつかのタイプがあり、それぞれがたいへんすぐれた機能を持っていますが、得意な治療分野や持ち味が異なるため、歯科医師は各歯科医院に合った歯科レーザーを選んで導入しています

 

※参考書籍 「nico 2014.11 クインテッセンス出版株式会社」

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

まだデータがありません。

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています