Question

急性のむし歯と慢性のむし歯ってどう違うの?

Answer

急性のむし歯は歯が白く進行が早く、痛みを伴います。急性のむし歯は若い人(子供)に起こりやすいむし歯です。
慢性のむし歯は色が黒色で、進行がとても遅く、歯の神経が自分を守ろうとする防御反応が起こるため、むし歯が深くても痛みを感じにくいのです。しかし、防御反応が遅れてしまった場合、神経が死んでしまうこともあります。

※防御反応とは、むし歯から歯の神経を守るため、第二象牙質という新しい象牙質を作り、むし歯から歯の神経を遠ざけようとする反応のことです

むし歯の進行と象牙質の関係

倉岡

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

まだデータがありません。

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています