Question

発音しにくく、会話の相手から、聞き取りにくいと指摘されるのですが・・・

Answer

入れ歯をすると、発音しにくいという人は少なくありません。また、会話相手から何度も聞き返されて、話すことに臆病になってしまう人もいます。入れ歯をすると発音しにくくなる大きな原因は、義歯床が舌の動きの障害となり、思うような発音ができなくなることです。特にサ行の「さしすせそ」とタ行の「たちつてと」の発音が不明瞭になる場合が多いようです。
入れ歯をしていても明瞭な発音をするには、できるだけ大きく口を開けて話すことです。そうすることで、舌の動きの自由度が高まります。日頃から、大きく口を開けて音読することを練習しましょう。
金属床の入れ歯と比べ、レジン床の入れ歯はどうしても分厚くなってしまいます。大きめの入れ歯や前歯の人工歯の位置が悪いと、発音が不明瞭になりやすいといえます。その場合、できるだけ小さく薄い義歯床に変えることを考えてもよいでしょう。

※参考書籍 「入れ歯名人」 田中 久敏 監修 海苑社

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています