Question

GTR法ってどんな方法?

Answer

再生療法としてのGTR法の歴史は古く、1976年にはすでに開発されていました。日本では1992年に認可され用いられるようになりました。
GTR法とは、GTRメンブレンという特殊な膜で隔壁を作って、歯槽骨が再生するスペースを確保し、再生しやすい環境を与えることで歯周組織の再生を誘導する方法です。

膜がない場合 膜がある場合
膜がない場合 膜がある場合
膜がないと、回復の早い歯肉が先に入り込んでしまい、歯槽骨が増えるスペースがなくなってしまいます。 膜があると、歯肉の侵入を防ぐことができ、歯槽骨や付着が回復しやすくなり、しっかりと再生することができます。

※参考書籍 「nico 2007.9 クインテッセンス出版株式会社」

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

まだデータがありません。

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています