Question

大口式インプラント法とは?

Answer

インプラント治療とは、歯が無くなったとき、失われた部分に人工の歯根(インプラントを植え込み、その上に修復物を装着して機能を回復させる治療法です。

従来のインプラント治療では、ドリルで骨を削って人口歯根を植え込んでいましたが、大口式インプラント法では骨表面にとても小さな穴を開け、その穴を少しずつ広げて人工歯根を入れます。 骨を削る作業が少ないため、歯科特有の不快な音や痛みも少なく、より快適に治療が受けられます。

大口式インプラント法のメリット~ドリル式と比較して~

大口式インプラント法のメリット

大口式インプラント法手順

大口式インプラント法手順 小さなバー(直径0.5ミリ程度)でインプラントの位置決めをします。麻酔をしているので痛くなく、小さなバーを使用して1秒程度の作業です。 次に細いリーマー(針灸治療の針のようなもの)で専用器具の通り道をつくります。手動ですから音も殆どありません。 次から専用器具(※オーギュメーター)を使用して穴を広げます。細い骨でも少しずつ広げて太くします。 太さを代えてだんだん穴を大きくします。 必要な穴の大きさになるまで器具を取り替えながら徐々に広げていきます。手作業で丁寧な作業を行います。 骨とインプラント体が結合したら歯が入ります。
※オーギュメーターは、鍼灸治療に用いるような極細の針で、(株)メディカルエイベックスの取り扱い商品名です。

大口式インプラント法手順

大口式インプラントは、すべての症例に適用されるわけではごさいませんので、ご了承下さい。詳しくは当院スタッフまでお気軽にご質問下さい。

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

まだデータがありません。

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています