Question

メインテナンスって何をするのですか?

Answer

メインテナンスの内容についてご説明しましょう。

1.なにか気になることありますか?

歯やお口のなか、体調や日常生活などのことでなにか気になっていること、困っていることがあるかをお聞きします。近ごろ体調不良でお薬が増えているとか、受験勉強で忙しいとか、そんな日常のお話もお聞きできると、患者さんが無理なく続けられるケア方法をいっしょに考えていくことができます。

2.お口のなかをチェックします。

むし歯は?歯周病は?前に詰めたところは大丈夫かな?など、これまでのカルテを見ながら、お口の状態が良好かどうかや、治療済みの場所にトラブルが起きていないかをチェックして記録していきます。これまで受けた治療などによって、大切なチェックポイントは患者さんごとにさまざまです。

3.チェックの結果をお話します。

チェックした結果を患者さんにご報告し、ご説明します。前回のメインテナンスのときの違いやケアが上手になって改善しているところなどについても具体的にお話します。

4.ホームケアについてアドバイスします。

ホームケアでどんなところに気をつけるとよいのか、患者さんごとに具体的なケアのコツをアドバイスします。患者さんに合った歯ブラシや歯みがき剤の選び方などについてもご説明します。すでに十分きれいにできているかたには、毎回は必要ありませんね。
フッ素は歯を強くし、むし歯予防にたいへん効果があります。軟らかい乳歯のお子さんから、歯ぐきが下がって歯の根元にむし歯のできやすいシニア世代の方まで幅広い年齢層の方々に効果があります。私たちの院ではフッ素洗口を1日1回行う「毎日法」をお勧めしています。

5.クリーニングをします。

歯みがきだけでは取りきれないプラークや歯石をすみずみまで取り除いてお口のなかの環境を整え、むし歯や歯周病の原因菌を減らします。原因菌を少なくすれば、むし歯も歯周病も悪くはなりません。治療も長持ちします。このふだんからのクリーニングこそ、他の医療分野にはない歯科独特のシステムです。

※参考書籍 「nico 2009.2 クインテッセンス出版株式会社」

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています