Question

うちの子は歯の本数が足りないそうです。大ショックです。どうしたらいいでしょうか?

Answer

先天性欠如歯は10人に1人程度に見られ、決して特殊ではありません。あせらず、治療が必要か、経過観察でよいかを、お子さんの治療に慣れた歯科医師に診てもらいましょう。

乳歯がよい状態で残っているのなら、むし歯を予防して乳歯を大事にもたせ、経過観察して、大人になって乳歯がダメになってからブリッジやインプラントを入れるという方法をとります。成人になっても乳歯がもつケースも珍しくありません。

乳歯が抜け、治療が必要な場合、お子さんの歯や顎はこれから成長するので、成長変化を阻害するブリッジやインプラントは選択できません。矯正治療で歯を並べたり、場合によっては自分の歯を移植する(生え代わり時期で成長途中の永久歯は生命力が強く、移植の成功率はおとなの歯よりも高い)など、治療方法は患者さんによってさまざまです。

欠如歯の治療は、将来を見越しながら進めていくことが大事。ぜひ気長にお付き合いください。

※参考書籍 「nico 2017.8 クインテッセンス出版株式会社」

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています