矯正

矯正治療とは?

歯の矯正治療とは、一般的に歯並びの不正を治す治療のことをいい、「機能」と「審美」を回復・改善します。

1.機能

歯並びが悪いと、上の歯と下の歯が正しく接触せずに噛み合わせが悪くなり、咀嚼能力・嚥下能力・発音能力が低下してしまいます。うまく噛めないことで食べ物の消化も悪くなり、内臓に負担をかけることもあります。また、歯磨きなどの清掃も難しいものになり、歯周病を誘発しやすくなり、全身疾患を引き起こすことにもなります。よく噛むことは唾液の分泌を促進し、内臓での消化を助けることにつながります。

2.審美

特に前歯の歯並びがよくない場合、人前で歯を見せることを嫌がり、無口になってしまったり、口元が気になって思いっきり笑えなかったりします。きれいな歯を見せることができると、コンプレックスを感じることなく精神的に安心し、対人関係がうまくいったり、自分の魅力を伝えたりすることもできます。また、歯の位置は顔貌にも大きく関わっていますので、歯の矯正により顔貌を回復させることができます。

矯正治療では、患者さん個々の歯並びや噛み合わせ・お口の中の状態と治療への希望などを総合的に診査・診断した後、治療のゴールや治療法が選択されます。また、使用する装置が少ないケースほど治療費も安くなります。

矯正治療の流れ

1.初診相談

患者さんの希望をお聞きしながら矯正治療の進め方や費用などについてご説明します。

2.診査・診断

治療のために必要な資料を作ります。

顔貌の写真

顔貌の写真正面、側面、および斜め45°からの顔貌の写真を撮影します。スマイル状態の正面写真、お口元の拡大写真も必要です。矯正治療終了後には撮影できませんので、慎重に適切な撮影を実施します。なお、撮影には最新のカメラ(アイスペシャル2)を使用しています。

口腔内写真

口腔内写真 口腔内写真も必要となります。図は5枚法といわれるもので、正面像、左右側面像、上顎咬合面像、 下顎咬合面の計5枚を撮影したものです。必要に応じて、9枚法の撮影を行うこともあります。

CT撮影

加藤歯科医院では最新のCT撮影機器・3D画像データ解析システムを導入し、小矯正治療時に活用しています。

A)CT画像

CT画像  CT画像

撮影したCTデータを編集し、セファロを表示したり、特定部位を拡大・着色したりし、より正確な診断をすることができます。

B)3D画像データ解析

3D画像データ解析

撮影した3D画像データに矯正治療に特化した加工をします。矯正に必要な基準点をポイントすることで、顔のラインや2点間の距離および2線の角度などを計測し、精密な情報を取得します。また、顔貌を貼り付けた3D像や抜歯・矯正による歯牙の除去・移動のシミュレーション、矯正後の顔貌予測なども行えます。

歯の模型

コンサルティング用に印象を採得し、歯の模型を作製します。お口の中を奥まで再現することで、歯列全体を確認することができます。また、矯正治療後の歯並びをシミュレーションするために、セットアップ模型も作製します。これにより、術前・術後でどのように改善されるかを確認しながら患者さんにより分かりやすくお伝えすることができます。

歯の模型 術前
術   前

歯の模型 術後
セットアップ模型

3.治療計画のご提案

●診断に基づいた治療の計画をご提案します。
●治療を進める意思を確認して、書類(同意書や契約書など)を作成します。

4.治療の開始(装置の装着)

治療のために必要な処置をします。
矯正装置を装着し、歯を動かしていきます。

5.状態のチェック

その後は、1ヶ月に1度、矯正の進行状況やむし歯や歯周病などのチェックのために通院します。

6.治療の終了(装置の撤去)

歯並びがキレイになったところで、矯正装置を撤去します。

7.保定

後戻りを防ぐ装置を一定期間はめて完成した歯列を維持していきます。

8.リコール

矯正の後戻りがないかなどをチェックします。

矯正治療の種類

●一般矯正

■固定式装置

ブラケットと呼ばれる固定式装置を歯の表面に付けてワイヤーを通し、その力で歯を動かす方式です。ブラケットには、金属のものと白いセラミックのものがあり、セラミックのほうが目立ちません。

固定式装置
           治療前      装置装着      治療後 治療前装置装着治療後

T21

T21

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

加藤歯科医院ではT21を導入しました。

メリット

1. 審美性に優れています。
2. キャップをセットしたブラケット表面は平滑に仕上げることにより、口内炎の発生を可及的に抑制します。さらに口唇や頬粘膜が以前より違和感なく動かすことができるようになるため、自浄作用の向上が期待できます。
3. プラークコントロールがしやすい装置です。
4. 矯正痛が軽減されます。
5. 顎関節症の症状が起こりにくい装置です。
6. 保定時に安定しやすくなります。
7. 顎位が治療前、治療中、治療後で安定しています。

●床矯正

通常の矯正は、余分な歯を抜いてスペースを作ったり、ワイヤーなどを使って歯を整列させたりする治療ですが、床矯正は発育途中にある子どものあごの骨を正常に発育させ、歯を抜かずに自然に美しい歯列に整える矯正治療です。治療費用も通常の矯正よりも安く、歯を抜かずに矯正できることが最大のメリットです。

※床矯正については、「小児歯科」に詳しく掲載してあります。
 ⇒床矯正についてもっと知りたい方はこちら

■取り外し式装置

幼児期、学童期における取り外し式の床装置を用いた矯正方法です。歯を抜くことなく矯正することが可能です。床装置には、ネジありのものとネジなしのものがあります。

床矯正治療
                    治療前        治療後   治療前治療後

■固定式装置と取り外し式装置を併用することもできます。

固定式装置と取り外し式装置を併用することもできます
上顎前突反対咬合叢 生開 咬 上顎前突反対咬合叢 生開 咬

●小矯正(部分矯正)

小矯正(部分矯正)矯正治療を治療対象となる歯列範囲で分類すると、全顎矯正と小矯正に分けることができます。小矯正は部分矯正、限局矯正(LOT)やMTM(Minor Tooth Movement)と呼ばれることもあります。全顎矯正(MOT)とは、全ての歯に矯正装置を付けて行う矯正治療のことです。一方、小矯正とは、歯列全体を矯正するのではなく、数本の歯だけを動かす矯正法です。歯が1本だけ飛び出ている場合や、奥歯が倒れてしまってインプラントやブリッジが出来ないような場合など、様々な場面で小矯正が適用されます。全顎矯正と比較すると動かす歯の本数が少ないため、簡単に思われるかもしれません。しかし、矯正治療では「動かす」よりも「動かさない」ことのほうが難しいのです。つまり、全顎矯正より小矯正のほうが治療難易度は高くなります。小矯正には、歯を引っ張り出す牽引、斜めになった歯を引き起こすアップライト、歯を押し込む圧下などがあります。診査・診断にてどの治療方法を適用するかを決定します。

インプラント小矯正

インプラント小矯正小矯正の中には、インプラントを用いた治療もあります。あごの骨に矯正用の小型インプラントを埋め込み、歯を動かす力をかけるときに固定源として利用します。一般のワイヤーなどを用いた小矯正では、固定源を他の歯に設定しなければならず、動かしたくない歯も動いてしまい、矯正の調整が大変難しいものでした。しかし、インプラント小矯正では、固定源となる歯を必要としないため、動かしたくない歯を反作用で動かしてしまうことがありません。インプラントを埋め込むため、外科手術が必要となります。

自医院で現在行っている小型インプラント小矯正

1.臼歯 scissors’ bite
2.前歯・臼歯の圧下
3.単純なアップライト
4.固定源になる歯牙の固定

●マウスピース矯正

矯正治療方法のひとつとして、歯を抜いて動かす必要がない場合には、マウスピース型装置による矯正治療があります。自分の歯列に合わせた専用トレー(マウスピース状の型)をはめ、徐々に歯列をずらして矯正していく方法です。当院でもマウスピース矯正は実施しています。マウスピース矯正は、目立ちにくく、簡便であり、24時間装着する必要がないため、自由度の高い矯正法です。しかしながら、比較的値段が高く、正確な位置移動が難しいというデメリットもあります。

マウスピース矯正

■マウスピース矯正のメリット

● 透明で目立たない装置
● 自由に取り外すことができる
● お手入れが簡単
● 歯の移動が早く短期間で済む
● 装置は保定(歯列の後戻りを防ぐ)にも利用

■DENマウスピース矯正

DENマウスピースとは、1998年より日本の歯科医師が開発し、研究実用している矯正治療用マウスピースです。DENマウスピースでは、10歳未満~80歳位の方まで、様々な方が治療を受けられています。

DENマウスピースと他のマウスピース矯正の比較
DENマウスピース 他のマウスピース
1日の装着時間 8~10時間以上 20時間前後
治療期間 約1~4年前後 数か月~3年前後
適応症例 広い(抜歯症例も可)但し、奥歯の矯正は困難 やや狭い
来院回数 基本2週間1回 3~5週間に1回
治療費用(両顎) 50~150万円 50~120万円
引っ越しの対応 提携クリニックへ治療継続可 連携が弱い
むし歯の治療 ほとんど可能(Br形成を防ぐ) 多くの場合不可能
治療期間の目安

治療期間の目安 マウスピース矯正の治療期間には、歯列不正の程度・開始年齢・性別が大きく影響します。
おおまかに言うと以下の通りです。
・20代前後女性 : 2年程度
・20代前後男性 : 3年程度
・30代前後女性 : 3年程度
・30代前後男性 : 4年程度
DENマウスピースでは保定まで含めると、合計3~4年のケースが多いです。

矯正治療の費用

1.一般矯正

治療費用 790,000円~

<内訳>

治療内容 金額(税抜)
診査・診断(矯正治療を実施する場合) ¥50,000
診査・診断(相談のみの場合) ¥10,000
基本料(永久歯列期) ¥500,000~
ミニインプラント2本(片顎の場合) ¥100,000
ミニインプラント4本(上下顎の場合) ¥200,000
クリアブラケット(片顎の場合) ¥20,000
クリアブラケット(上下顎の場合) ¥40,000
保定装置(片顎) ¥50,000~
処置料(管理料)・観察料
(治療中のレントゲン等の診査料も含む)
1受診毎 ※通常2週間に1回
¥5,000

<オプション>

抜歯 1本 ¥5,000
3Dプラン(アメリカに解析依頼) +¥30,000

※審美治療を併せて実施する場合、別途費用が必要となります。
※インプラント治療を併せて実施する場合、別途費用が必要となります。
※基本的にインプラントを用いた矯正治療を実施します。アンカースクリュー(TADs)を使用しますので、ミニインプラントの費用が発生します。

2.床矯正
治療内容 金額(税抜)
初診料・診査・診断料 ¥20,000
矯正装置 (1装置につき)
※平均:片顎2~3装置必要
¥40,000~
処置料(管理料)・観察料
1受診毎 ※通常1ヶ月に1回
¥2,000
3.小矯正
治療内容 金額(税抜)
牽引 ¥20,000
アップライト ¥70,000
圧下など ¥100,000

参考書籍

顔貌・口唇および機能との調和を求めた審美修復技工の実際
歯科技工2014.8

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています