Question

薬剤の種類、投与方法、投与期間によってMRONJのリスクは変わるのですか?

Answer

■薬剤の種類や投与期間によりMRONJの発生頻度は異なります。

■ビスフォスフォネート静注薬が投与されている悪性腫瘍の患者さんでの顎骨壊死発生率は、ビスフォスフォネート経口薬投与の患者さんに比べて高いというデータがあります。

■ビスフォスフォネートあるいはデノスマブの投与期間が長いほど、顎骨壊死のリスクが高くなります。

■血管新生阻害薬(スニチニブ、ソラフェニブ、ベバシズマブ、シロリムス)も顎骨壊死を誘発します。

 

※参考書籍
 「薬剤・ビスフォスフォネート関連顎骨壊死 MRONJ・BRONJ」
 著・訳 柴原 孝彦  クインテッセンス出版株式会社

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています