歯根破折

Q1 根っこが割れて抜歯になってしまいました。神経を取った歯は弱いってホントですか?
A1

「神経を取った歯」というよりは、健康な歯質がより多く残っているかが重要です。たとえば、治療を繰り返している歯は健康な歯質が少なくなっているので、破折のリスクが増してしまうのです。

※参考書籍 「nico 2010.6 クインテッセンス出版株式会社」

Q2 何度も治療した歯はなぜ弱いのですか?
A2

大きなむし歯ができて治療した歯や治療を繰り返している歯は、健康な歯質が減っているため、歯に加わる力で傷みやすくなっています。その歯のもつ「治療の歴史」が歯の寿命を左右してしまうのです。治療が終わったからといって、その歯が以前より丈夫になるわけではありません。治療の繰り返しをどこかで止めて破折から救い出しましょう!

※参考書籍 「nico 2010.6 クインテッセンス出版株式会社」

Q3 根っこが割れて抜歯になってしまいました。違和感があっただけでたいして痛まなかったし、「まだ使えたのでは?」って思うんですけど。
A3 破折した歯は、細菌が入り炎症が起きてそのままでは遅かれ早かれダメになってしまいます。それどころか、放置すると、周囲の骨までダメージを受けて、つぎの治療の選択肢が狭くなってしまいます。おそらく、抜歯して正解だったのです。

※参考書籍 「nico 2010.6 クインテッセンス出版株式会社」
Q4 ファイバーコアって何ですか?
A4

最近では、従来から使われている金属の心棒にかわり、グラスファイバーでできていて柔軟性が高くより歯にやさしい心棒も使われています。破折の予防効果が高くおすすめです。治療済みの歯の「縦割れ」の予防におすすめしたい治療法です。ただし、残念ながら保険治療の対象外です。

ファイバーコアのメリット

1.腐食やアレルギーがなく歯肉への影響がない
2.歯肉の変色がない
3.メタルコアと違い弾性があるため、歯に加わる衝撃を吸収する
4.光の透過性があり、被せ物の色がきれいに出る
5.歯質と接着する

※参考書籍 「nico 2010.6 クインテッセンス出版株式会社」

Q5 将来、絶対オールセラミックスの前歯にしたいです。でもいまのところは当座、保険の前歯でもいいかな、と思っています。そのときになったらやり換えればいいですよね?
A5

保険の治療をオールセラミックスに換えるにはコア(支台)や心棒ごとに作り直しになります。歯質がしっかり健康に残っていればもちろんやり換えはできますが、しかし最初からご希望の治療方法を選択したほうが歯への負担が二重にならずにすみます。将来的に審美治療をご希望なら目先の治療を選ばず、ご希望の治療法も考慮に入れて検討することをおすすめします。

※参考書籍 「nico 2010.6 クインテッセンス出版株式会社」

Q6 治療をした歯を使い続けるために、どんなことに注意したらよいですか?
A6

大切なのはまずは私たち歯科医師が可能なかぎり歯質を残した、よい治療をご提供することです。そして治療終了後は、その歯を傷めないように大切にケアして保存していきましょう。いくつか大切なポイントがあるのでお教えします。

1.むやみに硬いものを食べない。

「治療が終わったから」と油断して、硬いもの、とくに噛みちぎって食べるようなものを食べるのは止めましょう。とくにスルメ、のしイカ、フランスパンなどは避けたほうが無難です。グッと噛みこむうえ、ちぎるときに引っぱる力が働き、歯根に強い負担がかかります。せんべえなど、パリッと割れてくれるもののほうが、まだしも負担が軽いというものです。残念ですが我慢してください。

2.歯ぎしり噛みしめにはマウスピースを。

歯ぎしり、噛みしめは、自覚しにくいのが特徴です。でも、習慣的にしているかたの歯は、確実にそのダメージを受けています。そこで、歯科医院で歯ぎしりを指摘されたり、ご家族に指摘されたかたには、夜間、マウスピースの装着をおすすめします。歯を磨耗や力による被害から守ることができます。あなたの噛み合わせにピッタリのオーダーメイドのマウスピースを歯科医院で作ってもらいましょう。

3.むし歯を予防しよう。

クラウンをかぶせた歯でも、歯根は天然歯ですのでむし歯になります。むし歯菌の多いお口は酸性に傾きやすく、その酸がクラウンの下に入り込んで歯質を溶かしてしまうのです。神経を取った歯は傷まないので、気付きにくいのも困る点です。そこで、毎日ていねいに歯みがきをして二次う蝕を防いでいきましょうフッ素入りの歯みがき剤や、フッ素ジェルを使うと効果的です。

4.定期的なメインテナンスを受けよう。

治療後、治療した歯に慣れしばらくは快適に過ごせても、使っているうちに噛み合わせがずれて、治療した歯に偏った力がかかっていることがあります。また、うっかりして歯みがきがおろそかになっていることも、めずらしいことではありません。そこで、定期的に歯科医院のメインテナンスを受け、噛み合わせやお口の状態をチェックしておくと安心です。

※参考書籍 「nico 2010.6 クインテッセンス出版株式会社」

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています