Question

入れ歯洗浄剤を使ったほうがよいのでしょうか?

Answer

入れ歯を長持ちさせるためには、日々の洗浄がとても大切です。汚れたままの入れ歯を使うと細菌が繁殖し、口内炎や誤嚥性肺炎、感染性心内膜炎などの原因となることもあります。入れ歯の洗浄には、専用のブラシで汚れを落とすほか、入れ歯洗浄剤を使います。入れ歯にはその構造上、ブラシでは届かない部分があります。ブラシだけでは落ちない汚れもあります。
こうしたことを避けるために、入れ歯洗浄剤を使うことは意味のあることです。洗浄剤とブラシによる洗浄を併行することで、より高い効果を得ることができます。ただし、あまり洗浄力が強い洗浄剤は、入れ歯の素材を痛めてしまいかねません。さまざまな入れ歯洗浄剤が市販されていますが、その成分と効果をよく確認して購入しましょう。普段はブラシで洗浄し、2~3日に一度洗浄剤を使うとよいでしょう。洗浄剤を使う場合には、熱湯を使わず、洗浄後は必ず水洗いをしましょう。入れ歯の素材によっては洗浄剤の成分の影響で、変色してしまうこともあるので注意が必要です。

※参考書籍 「入れ歯名人」 田中 久敏 監修 海苑社

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています