Question

バージャー病と歯周病の関係について教えてください。

Answer

バージャー病は、タバコを吸う20代から40代の男性に多い難病で、閉塞性血栓血管炎とも呼ばれます。日本には約1万人の患者がいるとされています。

バージャー病を発症すると、手足の末端の血管が詰まって炎症が生じて、皮膚に痛みや潰瘍を起こし、放置すれば足が腐ってしまいます。

これまで原因不明とされてきましたが、東京医科歯科大学の研究グループがバージャー病患者14人を調べたところ、全員が中等度から重度の歯周病と診断されました。さらにバージャー病患者の幹部から取り出した血管試料の大半から、歯周病菌が検出されたのです。一方、正常血管の試料からは歯周病菌は全く検出されませんでした。

この研究によって、バージャー病の原因や悪化には口の中の細菌、とくに歯周病菌がかかわっている可能性が濃厚になりました。

 

※参考書籍
 「日本人はこうして歯を失っていく」
 日本歯周病学会 日本臨床歯周病学会
 朝日新聞出版

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

まだデータがありません。

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています