検索結果: インプラント

インプラント治療にはどんなデメリットやリスクがありますか?

インプラントのメリットは ●自立するので、隣の歯を削らずに治療できる。 ●噛みごこちが自分の歯に近い。 ●手入れがラク。などがあります。 一方でデメリットもあります。「手術が必要、費用が高い、時間がかかる」の3大デメリッ […]

ブリッジとインプラントを比較した場合、インプラントの利点は何ですか?

ブリッジは歯のないところの前後などにある歯を利用して歯を入れる方法で、自分の歯に近い感覚で咬め、固定なので違和感も少なくなります。 ただし、歯を削る必要がある(デメリット=歯は削るほど弱くなる)ため、 健康な歯でも手をつ […]

インプラントの治療の流れについて教えてください。

1. インフォームド・コンセント&インフォームド・チョイス 歯科医師から治療法の説明を受けます。メリットとデメリットを知って、納得して選択を!インプラントに関するあらゆる相談をお受けしております。説明終了後に、よくお考え […]

インプラント周囲組織は天然歯の歯周組織とどこが違うのですか?

解剖学的に以下のように異なります。 インプラント周囲組織の問題点 一言で表すと、「感染に弱い!」という点です。 詳細は以下をご覧ください。 (図中の番号と一致しています)   1)上皮のかたちと接着能 接着タン […]

早く終わると楽なのになぜインプラント治療には時間がかかるのですか?

チタンと骨がガッチリ結合するためには生体の自然な治癒力を引き出しじっくりと待つという原理原則が不可欠だからです。 インプラント治療は、インプラント体を埋入してからあごの骨に結合するまでに(多くの因子・条件に左右されますが […]

インプラントってどれくらいもちますか?

残念ですがはっきりとは申し上げられません。患者さんの毎日の丁寧なセルフケアや歯科医院での定期的なメインテナンス次第です。 ※参考書籍 「nico 2007.2 クインテッセンス出版株式会社」

インプラントはどんな人にもできますか?

治療に不適応な方もおられますがその多くは生活改善や持病のコントロールで可能になります。詳しくは歯科医師にご相談ください。 【治療に不適応な方(絶対的不適応)】  ■まだ成長過程にある方  ■免疫不全や1型糖尿病の方  ■ […]

インプラント治療に不適応なケースは何ですか?

成長過程にあるかた 免疫不全症のかた 抗がん剤で治療中のかた 放射線療法を受けているかた ホルモン療法を受けているかた チタンアレルギーのかた 骨粗しょう症のお薬を多量、長期にお使いのかた 全身疾患の病状を良好な状態にコ […]

歯周病で歯が抜けてもインプラント治療があるので大丈夫だと思います。

歯周病で歯が抜けてしまうと、一昔前までは入れ歯にするしかありませんでした。近年は人工歯根を埋め込んで再建する「インプラント治療」が普及しました。「インプラントがあるから歯が抜けても大丈夫」と、安心感を持つ人が増えています […]

インプラントがあごの骨を守るってホント?

インプラントは、入れ歯を支える固定源になるだけではありません。固定源として働きながら、同時に、あごの骨が減るのを止める役割も果たしてくれます。治療に有利な条件作りに貢献してくれるたいへん頼りになる存在なのです。 ※参考書 […]

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています