Question

X線写真で、口腔内に築造体の存在が疑われます。築造体のアレルゲンの有無は、どのようにして調べればよいですか?

Answer

クラウン(被せ物)の中に築造体がある場合、口腔内に露出していないので、直接金属成分を分析することはできません。

外側のクラウンを金属成分分析してアレルゲンが存在するならば、そのクラウンを除去することになり、その時に内部の築造体が露出するので、金属成分分析は可能になります。

クラウンにアレルゲンが含まれず、二次カリエスや根管治療の状態も問題ない場合、安易に除去することはできません。その場合、X線像で形態から推測するのが一法です。

ネジ状や直線的な像の場合、スクリューピンや既成ポストの可能性があり、ステンレス製真鍮製の可能性が考えられます。ステンレスではニッケル(Ni)、クロム(Cr)、コバルト(Co)、鉄(Fe)、モリブデン(Mo)、マンガン(Mn)等が含まれている可能性があり、真鍮の場合は、銅(Cu)、亜鉛(Zn)が含まれます。

曲線的なX線像の場合、鋳造ポストが考えられます。前歯部で比較的長さがある場合は、金銀パラジウム合金の可能性が高く、臼歯部では金銀パラジウム合金や銀合金、古いものではアマルガムの可能性もあります。

上部構造体を外して築造体の金属成分分析検査をするか否かは、患者さんの陽性元素と、推察される築造体の含有元素を患者さんに説明した上で、患者さん本人の意向を尊重することが必要と考えられます。

 

※参考書籍
 「歯科アレルギーNOW 疾患の基礎と臨床のエッセンシャル」
 編集 海老原 全、松村 光明、原澤 秀樹、北崎 祐之
 デンタルダイヤモンド社

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

まだデータがありません。

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています