検索結果: 院長

顎関節症の治療における生活指導について教えてください。

痛み、あるいは機能障害のある患者さんに、歯科医院が一方的に治療をしても患者さんが病気を治るように努力をし、注意をしていただかなくては、治療が長引いたり、不可能になってしまったりします。このため、生活指導は不可欠なものです […]

等尺性筋訓練法について教えてください。

等尺性機能訓練法はアイソメトリックトレーニングとして筋力低下のあるものに対して、その増強を目的として行うものであり、等尺性筋収縮により筋力が高まることが知られています。 トレーニングの目的・効果は3つに分類されます。 1 […]

下関観光ガイド始めます!

いつも加藤歯科医院ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 歯科助手の倉岡です。 (画像引用元 Wikipedia) 実は私、「下関歴史文化検定」の修士、外部スタッフの原田は学士という資格を持っております。まだ […]

口を大きく開けると顎の骨がカクってなるのですが、私の場合、左と右でカクってなるタイミングがずれます。口を大きく開けると左が先にカクってなり、遅れて右がカクってなって口が開きます。この症状は何が原因なのでしょうか?また、治療するとしたらどんな治療法になるのでしょうか?

顎は一緒に動くのが理想的なのですが、関節円板異常の場合、両方のバランスがとれないので、一緒に動くことができなくなります。そのため左右で顎がカクっとするタイミングがずれます。   ※参考書籍 「美しい表情は噛み合 […]

スタッフ募集・求人情報

加藤歯科医院では一緒に働いてくださる方を募集しています!! 加藤新聞46号にてご紹介させていただいた、院長おすすめ本「器」にも書かれていますが「はたらく」事でしか与えられないものって、沢山あります。それを加藤歯科医院とい […]

歯医者さんで診てもらったところ、噛み合わせには問題ないようなのですが、顎が真っ直ぐあきません。どうしてでしょうか?

左右どちらかの関節の動きがとまってしまっているため(関節円板の位置異常)真っ直ぐ開くことができなくなります。顎関節症の診断をするときの術者のポイントにもなります。   ※参考書籍 「美しい表情は噛み合わせから」 […]

よく噛むこと+「舌出し体操」で脳の活性化

年をとると「噛む力」が弱くなります。これをアップさせる簡単な体操をご紹介しておきましょう。 それは「舌出し体操」というものです。父がやっていたものです。やり方は簡単で、口を大きく開けて、舌を思い切り出すだけ。イメージとし […]

10年程前から、口を開けると左の顎がカクカクと鳴ります。それと顔の右半分(眉、目、口元など)が左よりも下がっています。右目も左目より開いていません。これは顎がカクカクしていることに原因があるのでしょうか?この左顎と顔の右半分のゆがみはかんけいあるのでしょうか?

口を開けたり閉じたりする時は様々な筋肉を使います。左右の筋肉の使い方が違っていれば顔のゆがみ、さらには全身のゆがみがでてきます。左右対称にバランスよく噛めるようにすることで、目も左右対称にしっかり開けることができるように […]

ガムを20分噛めば仕事の効率は2倍になる

つらいときに、無意識に歯を食いしばっていた経験はありませんか?実は、この「食いしばる」つまり「噛む」行為は、体や心のストレスを解消してくれることが最近の研究で分かってきました。私たちが悔しいときなどに無意識に歯ぎしりをし […]

義歯(入れ歯)

何らかの理由で多くの歯を失ってしまうと、食べ物が噛めない、うまく発音できないなどの問題が出てきます。歯を失ったときの治療方法は様々ありますが、顎の骨・お口の中の状態に関わらず、入れ歯は作ることができます。種類には総入れ歯 […]

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています