ドクター むち打ち症はこれで治る! 臨床結果でわかった「低髄液圧症候群」との驚くべき関係

2015.09.01

むち打ち症。

 

これを読むまでは、なかなか治らない不治の病とさえ思っていました。

しかし、この本を読んでいくうちに、

a)起きているときに強い頭痛があり、横になって寝ると症状が和らぐ。

b)ものが二重に見えたり、かすんで見えたりといった視覚異常、難聴や耳鳴りなどの聴覚異常を伴う。

c)背中や腕の痛みを伴う。

の症状がみられた方は、「低髄液圧症候群」が疑われること、

頸椎椎間板ヘルニア脊椎管狭窄症であったとしても、しっかりした知識・治療技術をもった医師の元では必ず治せるものであること、

また、大手術や長期にわたるリハビリも必要ないことが分かりました。

 

むち打ち症で苦しんでいる方にぜひ読んでいただきたい。

 

 

※『むち打ち症はこれで治る!臨床結果でわかった「低髄液圧症候群」との驚くべき関係』
編著 中井 宏  監修 篠永 正道  株式会社 日本医療企画

 

むち打ち症はこれで治る!

お探しの情報は何ですか?

2017年10月
« 8月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー別

月別

過去のブログを見る

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています