支台築造(コア)

歯髄(神経と血管のある部分)を取ってしまった歯は、栄養や酸素が運ばれてこないため死んでもろくなります。そこで被せものをするときには、歯髄を取り除いた歯根内に補強のための土台(コア)を立てます。被せものが長持ちするか、治療後のお口の健康が維持できるかは、見えない土台の治療の良し悪しが大きく影響します。

土台(コア)の治療プロセス

土台(コア)の治療プロセス

むし歯になっている部分をきれいに削り取ります。

歯髄を除去し、消毒して薬剤と充填剤を詰めます。

歯根を形成し土台(コア)を立て、その上に被せ物を被せます。

ファイバーコア

メタルのコアを使用した場合、歯ぐきから金属が黒く透過して見えますが、ファイバーコアは陰になる部分がなく輝く自然感のある色調が再現できます。

メタルコア写真
メタルコア

ファイバーコア写真
ファイバーコア

メリット

1.腐食やアレルギーがなく歯ぐきへの影響がない。
2.歯ぐきの変色がない。
3.メタルコアよりやわらかく、歯に加わる衝撃を吸収する。
4.光の透過性があり、被せものの色がきれいに出る。
5.歯質と接着する。
6.治療後の根管部の辺縁漏洩性による再感染を防ぐ。

治療費

前歯、臼歯  ¥10,000(税抜)

参考書籍

「新歯科技工士教本 歯冠修復技工学」
全国歯科技工士教育協議会 編集 医歯薬出版株式会社

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

まだデータがありません。

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています