妊娠中

Q1 妊娠すると歯周病になりやすいのですか?
A1

妊娠中は口の中の衛生状態が悪くなりがちです。妊娠中期から後期になると、女性ホルモンの血中濃度が高まります。歯周病の原因菌のあるものはその女性ホルモンを利用して増殖するため、歯ぐきからの出血や歯ぐきが赤くなったり、腫脹が起きやすくなります(妊娠性歯肉炎といいます)。
また、つわりなどの妊娠症状により、お口のケアがしづらくなることにより、歯周炎になりやすくなる場合もあります。
出産とともに元に戻りますが、しっかりとプラークコントロールを行うことで炎症を最小限におさえることができます。
一方、歯周病にかかっている患部から、毒素や炎症をひきおこす物質が血液中に入り、胎盤を刺激すると、胎児の成長に影響を与えたり、子宮の収縮を促したりして、低体重児出産(2500g未満)早産(37週未満)のリスクが高まることが明らかにされています。
母親が進行した歯周病にかかっている場合、低体重児を出産する率が7倍以上になるともいわれています。歯周病を防ぎ、軽度のうちにしっかり治療をして、丈夫な赤ちゃんを産みましょう。

歯根や歯槽骨の状態についてはレントゲンやパントモで確認することができます。
妊婦に関する放射線の被曝については、こちらのQ&Aをご覧下さい。
現在妊娠していてレントゲン撮影に不安があります。防護でどのくらい放射線をカットできるのでしょうか?
まだ妊娠安定期に差し掛かっていません。安全なレントゲン撮影の限度について教えてください。

倉岡

Q2 妊娠中に歯が弱くなるというのは本当ですか?
A2

確かに、妊娠中はむし歯ができやすかったり、歯肉炎を起こしやすかったりします。 俗に、妊娠中だと歯のカルシウム分が胎児にとられるため、母親の歯が弱くなると言われていますが、歯は一度歯ぐきから生えた後、身体のカルシウム代謝と関係がなくなりますので、歯からカルシウム分が取られてしまうことはありません。
妊娠中は生活リズムの変化やつわり等で食生活が変化し、歯磨きがおろそかになったり、口の中の衛生状態が悪化することがあります。
また、女性のホルモン分泌のバランスが変わり、妊娠性歯肉炎を起こしやすくなります。妊娠中も規則正しい食生活をして、歯磨きを丁寧にすることが大切です。
また、歯周病により早産、低体重児出産のリスクが高まることが分かっています。

Q3 妊娠すると、胎児にカルシウムを供給するため、むし歯になりやすいのですか?
A3

それは間違いです。

妊婦が食事からカルシウムをほとんど摂らなくても、胎児には必要量のカルシウムが供給されます。

これは妊婦が自分の骨のカルシウムを犠牲にして歯のカルシウムを犠牲にするのではない)、胎児にカルシウムを供給するためです。歯のカルシウムは利用されないカルシウムであるのに対して、骨のカルシウムは利用できるカルシウムです。つまり、妊娠で歯のカルシウムを胎児に供給してむし歯になりやすくなるということはありません。

 

※参考書籍
 「新骨の科学」 須田立雄 医歯薬出版株式会社

Q4 妊娠中の歯科治療について教えてください。
A4

妊娠・授乳中の患者さんが歯科治療を受けるとき、母子両者の安全性について考慮しなければなりません。周産期の時期、現在の体調などを的確に問診し、適切な対応が必要となってきます。時に、薬剤の使用やエックス線検査などは、慎重な対応となります。

しかしながら、歯科疾患によって食事摂取が困難になってしまうと、母体にも胎児や幼児にも悪影響を及ぼすことになります。不必要に薬の服用を避けたり、歯科処置を延期したりすると歯科疾患が悪化してしまいます。歯科医師は治療の必要性と危険性を照らし合わせるための十分な知識と、その裏づけによる的確な判断が必要とされます。

的確な判断をするためにどのようなことを問診でお聞きする必要があるのかをご紹介します。

1. 妊娠何ヶ月ですか?(産後どのくらいですか?)

周産期の時期をよく把握し、処置の必要性と危険性を照らし合わせて対応します。
不必要に治療を回避したり、延期したりはできません。
歯科治療は妊娠中・産後のどの時期も絶対やってはいけないということはありませんが、歯科治療に緊急性がなければ、妊娠中期、産後2ヶ月以降の安全な時期に実施します。
各周産期について知りたい方は以下を参考にして下さい。

●妊娠初期(1~4ヶ月)

妊娠した月経周期が妊娠1ヶ月で、予定月経のなかった日から2ヶ月に入ります。受精・着床から胎盤完成までの時期です。流産や催奇性などの問題がありますので、歯科治療は緊急性がなければ回避するべきです。

●妊娠中期(5~7ヶ月)

胎盤が完成し、安定した時期です。ほとんどの歯科治療が可能です。

●妊娠後期(8ヶ月以降)

胎児の成長によって、横隔膜が押し上げられ、心臓への負担の増加や呼吸数の増加などが生じてきます。
また、胎児循環や分娩への影響を考慮して、歯科治療は緊急性がなければ回避するべきです。

●産後1ヶ月

生理的にも精神的にも不安定であるため、歯科治療は緊急性がなければ回避するべきです。

●産後2ヶ月以降

ほとんどの歯科治療が可能です。

2. 体調はいかがですか? 

妊婦は、ホルモンバランスの変化や胎児の成長にともない様々な体調変化が生じます。妊婦の現在の状態をよく把握し、歯科治療を施行することが大切です。また、妊婦は、歯肉炎や口内炎など口腔内に様々な変化をもたらします。体調に併せて、ブラッシング指導を含めた積極的歯科的管理が重要です。妊娠中毒症(血圧上昇、蛋白尿、初産婦に多い)の可能性も考慮し、最近の血圧やむくみの有無も確認します。

3. 食事をしっかり摂っていますか?

妊婦にとって、食事の摂取は母体だけでなく胎児の成長のためにも重要です。
歯科疾患が原因で食事の摂取に支障が生じている場合、まずはその解決を検討するべきです。

※ 薬剤やエックス線の安全性について

妊娠中期および産後2ヶ月以降(授乳中)の安全な時期で、治療上の有益性が危険性を明らかに上回る場合であっても、薬剤やエックス線の使用については、患者さんに十分に説明し同意を得た後に使用します。各安全性については以下をご確認下さい。

●抗生剤

ペニシリン系、セファム系、マクロライド系のアジスロマイシンがより安全です。テトラサイクリン系、アミノグリコシド系、クロラムフェニコール、ニューキノロン系、サルファ剤は避けるべきです。

●鎮痛剤

可能な限り、非ステロイド抗炎症薬の使用は控えてください。アセトアミノフェンが比較的安全です。

●局所麻酔

胎盤を通過して胎児血中に移行、また乳汁中にも容易に移行しますが、悪影響を及ぼす可能性は極めて少ないものとなっています。

●エックス線

歯科での使用による被爆量は、問題にならないとされています。しかしながら、撮影回数は可能な限り少なくするように考慮しなければなりません。当然ですが、腹部の遮蔽は必ず行います。

※参考書籍
 「歯科医院のための全身疾患医療面接ガイド」
 監修 柴崎 浩一  メディア株式会社

Q5 現在妊娠しており授乳中なのですが、レントゲン・麻酔・お薬等は大丈夫でしょうか?
A5
 ●レントゲン撮影

歯科で行われるX線撮影の被爆線量は1年間の自然放射線に比べると、ずっと低いものです。おなかの部分には防護エプロンでカバーしますので、まず心配ありません。

●麻酔

必ずしも、駄目というわけではありませんが、できれば、妊娠中期(14~27週)が望ましいです。4か月を過ぎると赤ちゃんの器官は、すでに形成されています。そういう意味では麻酔薬の影響はないでしょう。状態によっては、妊娠初期の方でも麻酔をして治療を行う場合があります。院長から治療内容を説明し、納得していただいてから治療をしていきます。

●薬剤

なるべくなら飲みたくないでしょうが、腫れたり痛んだりした場合、使わなければいけない事もあります。必要最少限の量と胎児に影響の少ない薬剤を担当医と十分に話し合い、納得して服用しましょう。

Q6 おなかの赤ちゃんが歯周病菌にいじめられるって本当ですか?
A6

実は、歯周病菌の出す毒素の刺激が妊婦さんのおなかにいる赤ちゃんをいじめてしまうこともわかっています。歯周病にかかっている女性が妊娠すると、女性ホルモンが大好物の歯周病菌がお口のなかで活気づいてしまうのです。自分のためだけでなく赤ちゃんのためにも、ふだんから定期的に歯周病のチェックを受けお口のなかの清潔を保ちましょう。歯周病菌の出す毒素に出産のスイッチを早めに押されてしまっては大変です!歯周病を予防しましょう。

※参考書籍 「nico 2013.4 クインテッセンス出版株式会社」

Q7 現在妊娠していてレントゲン撮影に不安があります。防護でどのくらい放射線をカットできるのでしょうか?
A7

口内法撮影の散乱線の場合、防護用の鉛エプロン(0.25mm鉛相当)でおよそ99%カットされます。

元々口内法のX線量は一次線、散乱線ともに少ないため、1回の撮影では測定機器の下限以下の値になってしまいますので、X線を数十回照射して1回あたりの計算したものを参考値としています。

(参考)
・一次線(一次X線)とは、物質に照射されるX線のこと
・散乱線とは、一次X線が一度物質を通過しその物質から放射される減弱したX線のこと

Q8 まだ妊娠安定期に差し掛かっていません。安全なレントゲン撮影の限度について教えてください。
A8

残念ながらはっきりした数値はありません。

影響はゼロとは言えませんが、自然放射線量と比べると口内法撮影は200分の1ぐらいの量で、口内法X線撮影1枚当たりの被曝線量は平均して0.01mSv~0.08mSvです。一方で、およそ0.1Gyを超えると奇形が発生するとされています。正確ではありませんが0.01mSv≒0.01mGy程度ですので、およそ1万分の1です。確率的には影響がないと考えることができますので、これらの数値からいえば、妊娠中でも極端に制限する必要はないといえます。しかしながら、患者さん自身の不安もありますので、急がないで良い部分は後回しにした方が良いでしょう。

Q9 現在妊娠中ですが、胎児の哺乳行動はどのように発達するのでしょうか?
A9

哺乳行動の発達(胎児期)についてまとめた文献がありますのでご紹介します。

木原秀樹:赤ちゃんにやさしい発達ケア、メディカ出版、大阪、2015、116-150.

妊娠8週~

上口唇への刺激で、頭部と頸部が屈曲する原始的な探索反射が見られます。

妊娠11週~

口唇部分に触れると、羊水の嚥下が誘発されます。

妊娠12週~

リズミカルな口の開閉が出現します。

妊娠15週~

指を吸う動きが確認されます。

妊娠28週~

歯肉の刺激で、下顎がリズミカルに開閉します。刺激で下が側方に動きます。

妊娠35-36週~

吸啜/嚥下の協調性が完成します。

 

※参考書籍
 「月刊 小児歯科臨床 2016.7」 東京臨床出版株式会社

Q10 私はむし歯が多いです。赤ちゃんもむし歯になりやすいですか?
A10

むし歯になりやすい歯並びや歯の性質、だ液の量など遺伝的なものも確かにあります。それよりも、赤ちゃんが育つ環境に左右されることのほうが多いです。
家庭での食事や、飲み物の与え方、歯磨きの仕方など生活習慣の見直しが重要です。また、虫歯はお母さんやお父さん、ご家庭から伝播するといわれているので、ご家族も早く虫歯の治療をしましょう。

倉岡

1 / 212

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています