エナメル質形成不全症(MIH)

Q1 10人に1人のお子さんにあるという「エナメル質形成不全症(MIH)」って何ですか?
A1

エナメル質形成不全症(MIH)とは、おもに前歯と6歳臼歯(第一大臼歯)に発症するエナメル質形成不全をいい、MIHのMとは臼歯(Molar)、Iとは前歯(Incisor)、Hはエナメル質形成不全(Hypomineralisation)を指します。

従来知られてきた遺伝性のエナメル質形成不全や、全身疾患、歯のケガ、乳歯のむし歯などによって起きたエナメル質形成不全とは異なる疾患で、原因はまったく明らかになっていません

エナメル質形成不全症の歯はエナメル質がもろく、透明感のない白色や黄褐色をしているのが特徴です。とくに強い力のかかる奥歯は崩れやすく、放っておくとそこからむし歯がはじまるので、きめ細かい経過観察が欠かせません。痛いときだけ歯科治療にとどまりがち。原因がエナメル質形成不全症だとわからないまま、むし歯でつらい思いをしているお子さんもおられるかもしれません。

エナメル質形成不全症の歯であっても、放置せずに経過観察を続けていると、小さな治療で歯をなるべく長くもたせたり、タイミングを見てしっかりとした被せ物をするなど、患者さんの年齢や症例に応じた対策を取ることができます。乳歯の頃からお子さんの定期的なメインテナンスをはじめて、大切な永久歯を歯医者さんといっしょに守っていきましょう。

※参考書籍
 「nico 2015.7 クインテッセンス出版株式会社」

Q2 エナメル質がもろい(エナメル質形成不全症)とどんなことが起きるのでしょうか?
A2

おもに問題になりやすいのが奥歯のエナメル質の欠けや崩れです。また、エナメル質が失われることでむし歯も進行しやすいので注意が必要です。お子さん本人にとってはこれが通常の状態と思い、問題に気づいていないことがほとんどです。普段からかかりつけの歯科医院を持ち定期的に診てもらいましょう。

※参考書籍 「nico 2015.7 クインテッセンス出版株式会社」

Q3 うちの子はエナメル質形成不全症です。まだ低学年で歯医者さんが苦手ですが歯が崩れる前に神経を取って被せ物をしたほうがよいのでしょうか?
A3

歯が多少崩れてきても大丈夫です。レジンで小さく補修をし補強しながらできるだけ歯をもたせていきましょう。将来、本格的な治療が必要になるまでは可能な限り神経は保存しておきましょう。

※参考書籍
 「nico 2015.7 クインテッセンス出版株式会社」

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています