小児・妊娠中の治療について

Q1 うちの子、歯並びが気になります。いつから治療をはじめるのがいいですか?
A1

私たちの医院ではなるべく早くはじめることをおすすめしています。

早期治療は、乳歯列期や混合歯列期から実施可能なあらゆる介入や治療を指します。歯性や骨格性の不正を最小限に食い止め、子どもの正常な成長発育や咬合、機能、審美性、精神面を健全な状態へと導きます。つまりこの介入の目的は、咬合が良好に発育する環境を整えることにあります。

目的

乳歯列期や混合歯列期に開始する治療の目的は以下のとおりです。

  • 正常な歯性や骨格性の発育を促す
  • 咬合発育を阻害する環境要因の排除やコントロール
  • 正常な咬合発育のために良好な環境を整える
  • 不正咬合から正常咬合へ改善、あるいは誘導する
  • 2期治療が不必要になる、または2期治療期間の短縮
  • 成長誘導のために成長力を最大限利用する

理論的根拠

早期治療を推奨する根拠として、重要なポイントは以下のとおりです。

  • 咬合発育期の早期では、先天性要因より後天性要因によってさまざまな咬合の変容が生じる
  • 不正咬合は初期であれば予防できることが多く、放置すれば問題はさらに大きくなる
  • 中顔面と下顎骨はほぼ歯列交換期に成長するため、早期治療と成長誘導の利用が有効だと考えられる
  • 低年齢であればあるほど、患者が新しい環境と正常な機能に順応しやすく、治療結果の安定性が増す
  • 幼い子どもは口腔顔面の骨格に柔軟性があるため、咬合誘導が簡単に行える

時期

  • 4~5歳から矯正歯科の検診を開始する
  • 第一大臼歯とすべての切歯の萌出後に治療を開始する

早期治療のゴール

早期介入の戦略と治療法では、以下のようなゴールを目指す

  • 可及的な主病因の排除
  • 問題の改善や抑制、予防
  • 発育期における問題の発見
  • 正常な咬合発育と機能のための環境整備
  • 咬合に悪影響を与える咬合干渉を解くことによってより良い成長誘導を行う
  • アーチサイズディスクレパンシーのマネジメント
  • (オーバージェット過大による)外傷や前歯破折の軽減
  • 早期における骨格性の異常の改善

※参考書籍
 「早期治療」
 著 Alialbar Bahreman
 訳 嶋 浩人/石谷 徳人
 クインテッセンス出版株式会社

Q2 子どもの歯の発育のためにどんなものを食べるといいですか?
A2

 

意外と知られていませんが、カルシウムは牛乳や小魚、チーズ(チーズはカルシウムだけでなく塩分も多く含まれているので、摂り過ぎには要注意です)ばかりでなく、小松菜やひじきなどにも多く含まれています。葉物野菜や海藻類であれば、サラダや煮びたし、混ぜご飯など、調理法にバリエーションがあり、メニューにも取り入れやすいでしょう。

歯の発育に必要な栄養素

  • 歯胚の形成に役立つ → タンパク質
  • 歯の石灰化に役立つ → カルシウム、リン
  • カルシウムの代謝を助ける → ビタミンD、(E)
  • エナメル質の基礎を作つくる → ビタミンA
  • 象牙質の基礎をつくる → ビタミンC

 

※参考書籍
 「プレママと赤ちゃんの歯と口の健康 Q&A」
 井上 美津子  藤岡 万里  医学情報社

 

Q3 乳歯のブラッシング方法は?
A3

歯磨きは、歯とお口の健康を維持する大事な生活習慣です。小さいときから歯ブラシに慣れさせる工夫をしましょう。そして必ず保護者が年齢に適した歯磨きをしてあげてください。

乳児期

下に白っぽいカスが溜まります。ぬるま湯で湿らせたガーゼでカスを拭き取ってあげます。

生後7~8か月

前歯が生えてきています。歯の汚れは乳児のときと同じようにぬぐいます。かみ合う面を念入りに。

1歳が過ぎた頃

歯ブラシを持たせてみます。慣れさせたらお母さんが磨いてあげます。

3歳~5歳

乳歯が全部生え揃います。そろそろ自分で磨かせてあげますが、遊びを取り入れて楽しさを感じるようにすると嫌がりません。お母さんの仕上磨きがまだまだメインです。

5歳~6歳

毎食後、1日3回の歯磨きを習慣にしてください。6歳ごろまでには、最初の永久歯(第一大臼歯)が生えてきます。この歯は歯並びやかみ合わせの基本になる歯です。食べカスなどが溜まりやすいので、仕上げ磨きも忘れないようにしましょう。小学校2年生(8歳ごろ)までは仕上磨きをしてあげて下さい。

Q4 むし歯菌は子どもにうつるそうですね。どうすればうつさずにすむのでしょう?キスとかもしないほうがいいですか?
A4

赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌は存在しませんが、大人の唾液を通じて感染します。

最も多いのは、母親の唾液から感染する「母子伝播」です。

感染しやすい時期は1歳6か月頃~2歳7か月頃です。

スキンシップを制限して頑張るよりも、感染源であるママ・パパがむし歯を治しよくケアしてむし歯菌を減らしましょう。ストレスが減って子育てを楽しめますよ。

※参考書籍 「nico 2013.12 クインテッセンス出版株式会社」

Q5 小学校の時期は、乳歯から永久歯へ生えかわる時期ですが、どんなことに注意したらいいのですか?
A5

1.前歯の生えかわりの時期は、口唇を閉じて食べ物を噛む。

できない子どもには口唇のトレーニングを!

1)破裂音の練習

口をしっかり閉じ、口の中を陰圧にしながら、「ぱっ」と音を立てて口を開けましょう。これを繰り返すことにより、口の周りの筋肉が鍛えられ、口が閉じやすくなります。

 

2)口輪筋のトレーニング

※口輪筋がかなり弱い場合や短期間で筋力をアップさせる方法

(必要なもの・・・ペットボトル、5円玉程度の大きさのボタン、紐)

ボタンとペットボトルを紐で結び、水を適量入れます。初めは水なしでもよいですが、筋力がついたら水野量を増やしていきます。口唇でボタンでくわえ、ペットボトルを1分間ぶらさげましょう。

 

3)その他

紐の両端にボタンを結び、ボタンを引っ張り合う「ボタン相撲」や、風船をふくらませる、細長いストローで水を吸うことなども口の周りの筋肉を鍛えるのに有効です。

 

2.上下の歯をしっかり噛んで(舌を口蓋にしっかりつけて)食べ物を飲み込む。

上手にできない子どもには舌のトレーニングを!

・ガムを使用した舌の挙上訓練とタッピング(舌を口蓋に打ちつける動作)

1)ガムを噛んで軟らかくした後、舌の上で丸めて舌の前のほうに置く
2)舌でガムを口蓋に貼りつける
3)口蓋についているガムを舌で押し広げる
4)ガムを舌で口蓋に押し付けたまま唾液を飲み込み、ガムの広がりを見る
(ガムが前後に伸びていれば良好)

※補足
噛みしめのトレーニング
1)~4)の後に、「5)ガムを強く噛みしめる

 

3.前歯がきちんと生えかわったら、食べ物を噛みちぎっているか確認する。

パンを食べるとき、前歯で噛みちぎっているかをチェックします。前歯を使うことを教えましょう。前歯を使っていないと、歯に備わっている感覚受容器が廃用性萎縮を起こし、固いものを噛めなくなるだけでなく、脳への情報不足により食べ方が学習できません。

 

4.食事中、できるだけ水やお茶、牛乳を飲まないように指導する。

よく噛むことによって唾液の分泌が促され、食塊をスムーズに飲み込めるようになります。

 

5.片噛みになっていないか確認する。

小学4、5年生頃は、側方歯が生えかわるため、片噛みになりやすいので要注意です。

 

※参考書籍
 「歯と口から伝える食育」
 岡崎 好秀・武井 典子 編著  東山書房

Q6 小魚をよく食べると歯の丈夫な子が生まれるといいますが、これって本当なんでしょうか?それとも、たんなる言い伝えですか?
A6 本当のことです。赤ちゃんの歯は、お母さんのお腹のなかで、はやくも妊娠7週目頃から育ち始めます栄養のバランスのよい食事を心がけ、丈夫な歯を育ててあげましょう。

※参考書籍 「nico 2013.12 クインテッセンス出版株式会社」
Q7 乳歯列期から永久歯列にうまく移行できないことってありますか?あれば理由も教えて下さい。
A7

うまく移行できないこともあります。
正常な噛み合わせを妨げると考えられる歯性の要素には次のようなものがあります。

・先天欠如歯の存在

・過剰歯の存在

・萌出している歯の歯冠形態や萌出位置の異常、う蝕等の有無

・乳歯の歯根形成不全や彎曲

・歯胚を含む未萌出永久歯の位置、乳歯・永久歯の予想される萌出の方向、順序および時期の異常

・乳歯の歯根吸収の早発または遅延

・歯の骨性癒着(アンキローシス)

これらについて異常がないかどうか、またあるとすればその原因は何かについて、リスク評価をすることが重要です。
リスク評価を正しくすることで、永久歯列期の矯正歯科治療の負荷を軽減することもできます。

 

※参考書籍
 「Elements of Orthodontics 高田の歯科矯正の学び方-わかる理論・治す技術-」
 高田 健治 編著  株式会社メデジットコーポレーション

Q8 学校歯科健康診断って何ですか?
A8

学校歯科健康診断とは、「学校保健安全法」に定められ、文部科学省の指導のもとで行われている児童や生徒のためのお口の健康チェックです。

その目的は、お子さんたちのお口の健康度をスクリーニングし、その結果をお子さんと保護者の方にお伝えして、お子さんのお口の健康の保持・増進に役立てていただくことにあります。

 

また、学校の健康診断は、学校という教育の場で行われるだけに、その最終目標は子供たちの健康教育に置かれています。もしも「むし歯」という課題を持っているなら、「歯医者さんに診てもらわなくちゃ」とか、「おやつのダラダラ食べはやめよう」といった、問題を解決するために行動できる力、つまり、自分の健康を自分で守っていく「生きる力」を養うことが、学校歯科健康診断の最終的な教育目標とされています。

 

※参考書籍 「nico 2016.4 クインテッセンス出版株式会社」

Q9 子供の歯みがき嫌いを治すのはどうしたらいいですか?
A9

まずはお子さんの好きなキャラクターの歯ブラシを購入して歯みがき粉もお子さんの好きなものを選ばせてみて下さい。歯みがきもお母さんが無理やりしてあげるのではなく最初はお子さんとお母さんが一緒に歯みがきをしてみてはいかがですか?

歯みがきを嫌がったときには無理に歯みがきをしなくてもフッ素洗口フッ素ジェルなどで代用するのもいいでしょう。

出来れば週に1、2回はお母さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。

Q10 うちの子どもは歯磨きを嫌がるのですが、なぜでしょうか?
A10

歯磨きを嫌がる理由は、保護者の要因子どもの要因があります。

保護者の要因

  1. 子どもの歯を磨くことに慣れていない

→歯磨きのテクニックの問題

  1. 歯を磨かなくてはならないと思い、心の余裕が失われる

→保護者の心理的な問題

子どもの要因

  1. 子どもが歯を磨くことに慣れていない

→呼吸の問題、上顎前歯部など口腔の過敏の問題など

  1. 子どもが何をされるか、なぜ磨かれるのかがわからないので恐い

→子どもの心理的な問題

※参考書籍
 「世界最強の歯科保健指導 上巻」
 岡崎 好秀 著 クインテッセンス出版株式会社

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています