血液サラサラ

Q1 「血液サラサラ」の薬ってなんですか?
A1

「血液サラサラ」の薬とは、血栓ができやすく、血管がつまりやすいかたの血液を、固まりにくくサラサラにする抗血栓薬のことです。
高血圧や高脂血症などの生活習慣病や、高齢になると進みやすい動脈硬化などの影響で血管に血栓ができると、脳梗塞、心筋梗塞、心不全などの重篤な病気を発症しかねません。血管を詰まらせないためには、薬を欠かさずに飲むことが肝心です。現在日本で認可されている抗血栓薬は、代表的なものだけで数十種類。
たいへん多くのかたに飲まれているポピュラーな薬です。

※参考書籍 「nico 2011.11 クインテッセンス出版株式会社」

Q2 薬を止めないと抜歯できないってホントですか?
A2

抗血栓薬を飲んでいる患者さんの血液は、サラサラで止まりにくいという特徴があります。そのため、「抜歯を安全に進めるためには一定期間服用を休まざるを得ない」と、歯科でも医科でも以前は考えられていました。
でも、もしも休薬のために血栓ができてしまったら?!
そこで近年では、適切な検査を行って休薬せずに抜歯し、しっかりと止血処置をするガイドラインが確立され、推奨されています。
歯科と医科の連携のなかから生まれた、安心・安全な治療をご提供することができるようになりました。

※参考書籍 「nico 2011.11 クインテッセンス出版株式会社」

Q3 歯の根がダメになっていてうずきます。抜歯してブリッジにしたいのですが、血液サラサラの薬を飲んでいるので…。抜歯なんて無理でしょうか?それともいったん休薬すべきでしょうか?
A3

大丈夫、休薬せずに抜歯も治療もできます。お医者さんと連携して進めますのでご安心ください。

※参考書籍 「nico 2011.11 クインテッセンス出版株式会社」

Q4 ワルファリンを服用しています。抜いた後の止血処置ではどんなことをするのですか?
A4

抜歯した穴に止血用スポンジなどを詰め歯ぐきを縫合して傷をふさぎます。手厚い処置がさらに必要な患者さんには縫った上から止血パックで圧迫・保護したり、樹脂製のカバーで圧迫・保護することもあります。

※参考書籍 「nico 2011.11 クインテッセンス出版株式会社」

Q5 抜歯前にどんなことに注意すればよいですか?
A5

抜歯を受ける前にいくつかご協力いただきたい重要事項があります。

1.決して抗血栓薬を中断しないでください。

抜歯の際に止血しにくいだろうと心配なさり、自己判断で服用を中断してしまう患者さんがときどきおられます。が、これはたいへん危険ですので、中断しないようにお願いします。
また、抜歯にあたり薬の中断を希望するかどうかを医師から尋ねられた場合は、服用を継続する旨を医師にお伝えください。

2.ふだんのINR値を教えてください。

ワルファリンを飲んでいる患者さんには、血液のINR値(凝固指数)を、ふだんどれくらいの値にコントロールしているかをお教えいただいています。INR値3.0以下であれば、基本的には服用を継続したままで抜歯が可能です。
ご自分のINR値についてわからない場合は、処方している医師にご確認をお願いします。

3.抜歯直前のINR値をお持ちください。

ワルファリンを服用している患者さんのINR値は、食事や薬の飲み合わせ、体調などによって比較的短時間で変動しがちです。
安全に抜歯を行うには、抜歯当日(あるいは古くとも72時間前)のINR値の確認が必須です。
新しい血液検査の結果を当日ご持参いただけるよう、処方している医師に相談し、可能かどうか事前に確認を取っておきましょう。

4.持病の治療の担当医をお教えください。

抗血栓薬を継続しつつ、なおかつ抜歯も安全に行われるよう、歯科医師と医師が直接コンタクトをとり、連携して治療を進めます。ときには歯科医師から医師にINR値のコントロールをお願いし、可能な範囲でINR値を下げ、抜歯の準備を整えることもあります。
医療連携は、患者さんの安全な歯科治療のために必須です。

5.止血対策の準備が必要です。

歯石やプラークが溜まったお口では、炎症が起きやすく出血のリスクが高まってしまいます。そこで、事前にお口のなかのクリーニングをさせていただくことがあります。
また、出血傾向のより高い患者さんの場合、傷の圧迫・保護に用いる樹脂製の型(止血シーネ)を事前に製作するため、お口の型取りをさせていただきます。

6.抜歯の延期や、大きな病院をご紹介することも。

INR値が高く止血の困難が予想される場合、医師との連携でINR値のコントロールを安全な範囲で行い、数値の安定が確認できるまで治療を延期することがあります。
また、INR値のコントロールが困難なかた、合併症のあるかた、親知らずの抜歯、抜歯の本数が多いなどの症例に応じて、さらなる安全を期すために、大学病院や総合病院の口腔外科をご紹介する場合もあります。

※参考書籍 「nico 2011.11 クインテッセンス出版株式会社」

Q6 抜歯後にどんなことに注意すればよいですか
A6

無事に抜歯と止血処置が終わったらホッとひと安心ですね。1週間から10日程度で抜糸できますがそれまで、傷が順調に治るようにいくつか守っていただきたい重要な注意点があります!

1.1週間くらいは出血の可能性があります。

ワルファリンを服用している患者さんの場合、1週間くらいまで少量の出血が起きることがあります。しっかり縫合してあれば心配いりませんが、ご心配な際は、遠慮なく歯科医院にご相談ください。

2.内出血の青あざができることがあります。

ワルファリンを服用している患者さんの場合、麻酔の注射や、抜歯による刺激で内出血が起きることがあります。青あざは1週間で薄くなり、その後きれいに消えます。少しのあいだ気になると思いますが、そっとしておきましょう。

3.薬は指示通りに飲みましょう。

歯科から処方された抗生剤や抗菌剤は、必ず指示通りに飲みましょう。医師と相談し、抗血栓薬の効果に影響が出ないよう、処方は通常短期間(3~4日)にとどめます。服用のスケジュールがずれ込まないよう、飲み忘れに注意してください。

4.ブクブクうがいはしないで。

ブクブクうがいは、せっかくふさがってきた傷口を壊してしまい、出血の原因になります。うがいをしたいときは、水や刺激のないうがいぐすりをそっと含んで吐き出す程度にとどめます。また、傷を気にして舌で触っていると出血の原因に。気をつけましょう。

5.傷を避けて歯みがきします。

お口のなかにプラークが溜まると、歯周病で歯ぐきが腫れやすくなります。歯磨きをしなくてよいというわけではありません。そこで、傷に触らないように注意しながら、傷のないところをそっと歯みがきしましょう。

6.止血用シーネを掃除しましょう。

樹脂製の止血シーネをお使いのかたは、食後や就寝前に外してきれいにお掃除しましょう。使用は通常1週間程度です。ご不便でしょうが、しっかり止血するまでしばらく装着をお願いします。

※参考書籍 「nico 2011.11 クインテッセンス出版株式会社」

Q7 抗血小板薬・抗凝固薬は抜歯前に休薬が必要ですか?
A7

抗血小板薬は休薬の必要性が小さく、抗凝固薬はPT-INR値が3.0以内であれば、休薬の必要性は小さいでしょう。

観血処置に際して、薬剤の休薬が必要と判断されるのであれば、処方医に相談することが必要です。抗血小板薬・抗凝固薬を使用していても、その止血処置は、局所的な止血方法によって十分にコントロール可能な場合が多いです。

抗凝固療法あるいは抗血小板療法を受けている患者の歯科治療についての非システマティックレビュー
Mingarro-de-León A, Chaveli-López B, Gacaldá-Esteve C. Dental management of patients receiving anticoagulant and/or antiplatelet treatment. J Clin Exp Dent 2014 Apr 1 ; 6(2): e155-161. 

ワーファリン®使用患者に対する歯科外科処置についてのシステマティックレビュー
Nematullah A, Alabousi A, Blanas N, Douketis JD, Sutherland SE. Dental surgery for patients on anticoagulant therapy with warfarin: a systematic review and meta-analysis. J Can Dent Assoc 2009; 75(1): 41-41i.

※参考書籍
 「抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実」
 湯浅秀道、安藤彰啓 編著  クインテッセンス出版株式会社

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています