舌ブラシ

Q1 舌の清掃方法を教えてください。
A1

舌苔が多くついている起床直後舌ブラシや柔らかい歯ブラシを使って舌の清掃を行うのがポイントです。

舌の磨き方

舌の奥のほうにブラシを入れると嘔吐反射が出そうになりますが、それを予防するには、舌を思い切り前に出し、水にぬらしただけのブラシで磨くとよいでしょう。舌は歯と違って柔らかい組織なので、1日に何回も磨いたり、力を入れて強く磨くと、味を感じる味蕾(みらい)を傷つけてしまいます。舌の奥のほうをよく観察してていねいに磨きましょう。特に舌苔がついていない人は、舌を清掃する必要はありません。

舌の清掃時のポイント

(1)1日1回、起床直後に舌の清掃を行います。
(2)水にぬらしただけのブラシで行います。
(3)歯磨きの前に行います。
(4)嘔吐反射を防止するためには、息を止めて行うとよいでしょう
(5)ブラシを上あご部分に触れないようにします。
(6)鏡をみて、舌苔が取れたか確認します。

舌の清掃方法を教えてください。図

舌の奥まで気持ちが悪くならない程度にブラシを入れ、毛先を舌の表面に当て、舌の奥から前に向かって軽い力で動かして清掃しましょう。

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

まだデータがありません。

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています