Question

レジン床と較べて、金属床のメリットは何ですか?

Answer

プラスチックと金属の最大の違いは強度です。
金属が薄くて強いので総入れ歯・部分入れ歯の厚みを減らすことができ、違和感が少なく強度を確保できます。上顎の入れ歯、特に総入れ歯で厚みがないというのは大きなメリットです。金属床熱を伝えるので食事の味をより自然に感じることができます。
下顎の入れ歯は一般に小さく強度に欠けるため金属床変形や破損を防ぐ意味で効果が高くなります。
さらに保険のレジン床との大きな違いは設計の自由度が高いということです。
残った歯や顎などお口の中の状態に合わせて、バネや連結部分の取り回しといった構造上大事な部分の設計をいろいろと工夫することができます。より快適で無理のない入れ歯を作ることが可能です。

ゴールドのメリットは?

口の中は食事で冷たいものや熱いもの、酸味の強いものなどをとるうえに歯にもかなりの力がかかり大変過酷な条件下におかれています。
そのために治療した材料は腐食やさび、溶解の危険にさらされます。さびたり、体に合わない金属はアレルギーの原因になると指摘されています。長期間使うものなので健康を考えると体に安全な貴金属が最適です。
また歯を作る作業は型を取って作った模型の上で行いますが、精密さが要求されます。ピッタリしたものは歯との境目にすき間がなく、食べ物がたまりにくく、プラーク(歯垢=細菌のかたまり)がつきにくく、将来そこからむし歯や歯周病の問題が発生しにくくなります。
ゴールド(金)は物質的に安全性が高く、加工しやすく、変質しやすいという性質があり、歯科用材料として用いられているのは、アレルギー反応がなく、口の中で変質しにくい、口の中で溶けないことで味覚に影響を与えない、硬さが適当で違和感がないなど多くのメリットがあるからです。
違う種類の金属は化学的に作用して変色や変質を起こすので、できればお口の中は同じ金属で統一するほうがよいでしょう。

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています