Question

子供が指しゃぶりをしますが、このままで大丈夫?

Answer

1~2歳児の指しゃぶりは生理的なもので、多くの場合、外遊びを始める4~5歳までにはだんだん減っていき、やがて自然となくなります。
成長しても指しゃぶりが治らないケースは注意が必要です。長期にわたる指しゃぶりは、歯の健全な発育に悪影響をもたらすことがあるからです。
乳幼児の弱い歯ややわらかい歯肉は変形しやすく、指しゃぶりを続けていると出っ歯や開口といって、前歯がかみ合わず開いたままになってしまうといった歯並びやかみ合わせの異常を起こします。また、あごの関節や口の周りの筋肉の発達にも影響してきます。

※指しゃぶりがなくならない原因は、乳幼児期の指しゃぶりが習慣化してくせになっていたり、心理的な要因でも引き起こされると言われています。無理にやめさせるのではなく、お子さまと積極的にスキンシップを取って気持ちを安定させてあげることも大切です。また、指しゃぶりのよくない理由を優しく説明してあげて徐々にやめさせるようにしましょう。
4~5歳になっても指しゃぶりが治らないようでしたら、歯医者さんに相談しましょう。

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています