Question

保定に必要な期間はどのくらいですか?

Answer

歯の移動の量や種類や速度、新しい位置で歯に加わる力のタイプや程度などによって異なります。歯の移動の量が大きいときには保定期間が長くなりますし、また年齢によっても保定期間は異なり、成人の矯正では小児の場合よりも長期間の保定を必要とします。
このように保定期間は症例によって異なるものの、大幅に異なるわけではなく、特殊な場合を除いて通常は6~10ヶ月間程度の保定で十分であると考えられています。それは、歯の移動後6ヶ月ほど経過すると歯周組織が安定してくるからです。

※参考書籍  「矯正歯科の基礎知識」  飯塚 哲夫 著  愛育社

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています