Question

骨が足りないとき、どうする?

Answer

インプラントを入れたいのに歯槽骨が足りない」というかたはめずらしくありません。なかでも多いのが、歯周病や歯根の病巣が原因で歯を失ったというケースで、歯槽骨が大きく減っているとインプラント治療が困難に。また上あごの奥歯など、もともと歯槽骨が少ない場所もあります。
歯槽骨が少ない患者さんのインプラント治療を可能にする手術が「骨造成術」です。患者さんご自身の骨や人工骨を用いて歯槽骨を増やします。
ただ、骨ができるまでには時間がかかるため、インプラントの人工歯が入るまでには、1年から数年かかることもあります。
また、骨のでき方にもかなり個人差があるのも特徴です。

※参考書籍 「nico 2011.7 クインテッセンス出版株式会社」

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

まだデータがありません。

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています