Question

知覚過敏を治すために、自分でもできることがなにかあったら教えてください。

Answer

まずは、生活のなかに隠れている知覚過敏のリスクを見つけてスメア層や再石灰化層を取り戻すことをはじめましょう。軽い知覚過敏なら、習慣や癖を改善したり、必要な対策を打つだけで自然に治る場合も多いです。

ご自身でもできる知覚過敏のリスクチェックをご紹介しますので、チェックしてみましょう。

1.歯ぎしり・食いしばりしていませんか?

歯ぎしり・食いしばりは要注意

過剰な力は歯のヒビ、欠け、咬耗、詰め物や被せ物の傷みの原因に。自分では気づかない癖なので、お口にその痕跡がないか歯科医院で診てもらいましょう。就寝中につけるマウスガードもおすすめ。

2.ゴシゴシみがきはやめましょう

ゴシゴシみがきは歯を傷つけます

ゴシゴシ強くみがきすぎて、歯を摩耗させたり、歯ぐきを痩せさせていませんか?「どの程度の力でみがくとよいのかな?」と思われる方は、歯科医院で歯みがきの指導を受けましょう。

3.歯みがき不足も大きなリスク

歯磨き不足も大きなリスク

じつは「歯みがき不足」も知覚過敏のリスク。歯にベッタリつく歯垢のなかにむし歯菌の出した酸が溜まり、スメア層や再石灰化を溶かしてしまうのです。やさしくていねいに歯みがきしましょう。

4.すっぱい物の摂りすぎにご注意を!

すっぱいものは、歯を溶かします

健康のため積極的に柑橘類を食べ、酢や酢の物を摂るかたが増えています。酸味はからだにはよくても歯には悪いことも多いので、ご自分に合った食べ方を歯科医院で相談してみましょう。

5.熱中症予防になに飲んでますか?

イオン飲料も歯を溶かします

暑い季節の熱中症予防に毎日イオン飲料を飲んでいるかたが多いと思います。イオン飲料は意外と酸性度が高く、チビチビ飲むたび歯が溶けます。ふだんはなるべく水やお茶にしましょう。

6.水泳やジムではいつもスポーツ飲料?

スポーツ飲料も歯を溶かします

スポーツ時はこまめな水分補給を。しかしスポーツ飲料やビタミン飲料ばかりチビチビ飲むと歯が溶けやすく、そうした歯を食いしばったりゴシゴシみがきすると歯がすり減りやすいです。

7.ヤニとり歯みがき使ってませんか?

研磨材の入っている歯磨き粉は控えましょう

ヤニ取り歯みがきは研磨力が強く、ステイン除去機能の高い歯みがき剤も、研磨剤がたくさん入っているものがあるので避けた方が無難。歯磨き剤選びに迷ったら、歯科医院で相談しましょう。

8.お口のなかパサついてませんか?

持病の薬で唾液が減ることもあり、注意が必要です

持病の薬を飲んでいるかたに多いお口のパサつき。薬の副作用で唾液の分泌が減ると、歯の再石灰化とスメア層の形成がスムーズに進みません。また、体調が悪いときも知覚過敏になりやすいです。

※参考書籍 「nico 2018.7 クインテッセンス出版」

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています