Question

今ビスフォスフォネート経口薬の投与を受けています。抜歯する必要のある歯があるのですがどうしたらいいですか?

Answer

1.ビスフォスフォネート経口薬の服用が4年未満で臨床的なリスクファクターをもたない患者さんの場合、計画された手術の変更あるいは延期をする必要はありません。

2.4年未満のビスフォスフォネート経口薬内服に加え、コルチコステロイドまたは血管新生阻害薬が投与されている患者さんの場合、処方医と連携をとり、もし全身状態が許容されるのであれば、手術前に少なくとも2カ月間はビスフォスフォネート経口薬の休薬を考慮してもらう必要があります。骨治癒が確認されるまで骨吸収抑制薬を再開するべきではありません。

3.どんな併用療法の不随の有無にかかわらず、4年以上のビスフォスフォネート経口薬を服用している患者さんの場合、処方医と連携を取り、もし全身状態が許容されるのであれば、口腔外科手術前の2カ月間、骨吸収抑制薬の中止を考慮してもらう必要があります。骨治癒が確認されるまでビスフォスフォネートを再開するべきではありません。

 

※参考書籍
 「薬剤・ビスフォスフォネート関連顎骨壊死 MRONJ・BRONJ」
 著・訳 柴原 孝彦  クインテッセンス出版株式会社

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています