Question

噛めないと認知症が進むって本当?

Answer

歯周病や虫歯が進行した結果として「歯を失う」という状況が生まれます。簡単にいってしまえば、当然「噛めない」ということです。この噛めないということは「慢性の小さな炎症」と並んで、認知症発症の大きなキーワードになっています。日本とアメリカの歯と認知症に関する興味深い調査結果をご紹介します。

 

・自分の歯を半分以上失っていたり、総入れ歯を使っていたりすると、アルツハイマー病を発症しやすい

(日本の43歳から89歳のアルツハイマー型認知症患者60人と、性別・年齢構成が近い健常者120人を比較)

 

・自分の歯が20本以上ある人と比べて、自分の歯がほとんどなく、義歯も使っていない人は、認知症の発症のリスクが平均1.85倍も高まる

(日本の65歳以上の4425人を4年間追跡)

 

・残っている歯の数が少ないほど、アルツハイマーのリスクは高くなる

・歯の数でいえば、自分の歯が9本以下の人は、10本以上の人と比較して、平均2.2倍アルツハイマー病になりやすかった

(アメリカで75歳から98歳までの尼僧144人を12年間追跡)

 

噛めないということは、それだけで、脳への刺激が減って認知症になる可能性が大きくなることが考えられます。

また、噛むのに支障が出てくると、自然と食事の内容が制限されることになります。ということは、何でもしっかり摂れていたときより栄養不足になる傾向があり、それが認知機能の低下に拍車をかけることになるといえそうです。

 

※参考書籍
 「全ての病気は「口の中」から!」 森永 宏喜 著  さくら舎

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています