Question

子どもの写真を撮ってもらったら、上の真ん中の所に過剰歯があると言われました。どうしたらよいでしょうか?

Answer

上顎正中部の過剰歯は埋伏していることが多く、上顎前歯の離開萌出障害周囲の歯の歯軸の傾斜や捻転などの原因となります。

永久歯の前歯が生えてくるため、このような障害の原因となる場合には、永久前歯根尖部の形成が完了する時期の7~8歳ぐらいを目途に抜歯を考慮したほうがよいでしょう。(歯根完成後では永久歯の矯正治療が必要になることが多いため)

 

上顎正中部の過剰埋伏歯はその80%が口蓋側に存在し、歯列内に存在するのは約15%唇側に埋伏するのはわずか5%程度です。埋伏歯の位置を正確に把握するためにCT撮影を実施したほうがよいでしょう。

 

※参考書籍
 「月刊 小児歯科臨床 2015.8」
 東京臨床出版株式会社

  「床矯正研究会 2016」
 徳永 順一郎 先生

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています