Question

朝起きたときあごが疲れています。寝ているときに何か力がかかっているのですか?

Answer

もしかしたら就寝中に、歯ぎしり食いしばりをしているのかもしれません。ギリギリという音で気づきやすい歯ぎしりに対して、グーッと強く噛む食いしばりは、音がしないため以外に気づいていない方が多いのです。

詳しくは以下をご覧ください。

 

睡眠中に生まれる無意識の力とは?

歯ぎしり・食いしばりとは、眠っているとき、また起きているときに歯を強くギリギリとこすり合わせたり、グッと強く噛み込んだりする行動を言います。ストレスの発散のために行われているのではないかともいわれ、無意識に行われる点に特徴があります。

なかでも問題になりやすいのが睡眠中の歯ぎしり・食いしばりです。自覚さえすれば、止めることも可能な日中の行動に対し、睡眠中に無意識に行われる歯ぎしり・食いしばりは、自分で気づいて止めるということができません。

 

力に対する防御機構が働かない?

目が覚めているときに強い力で噛み込むと、その情報をセンサーがキャッチして、「これ以上強く噛むと痛くなるな」「破壊してしまうな」という制御が働きます。しかし、睡眠中の場合、このセンサーは目が覚めているときほどは敏感に働きません。そのため、睡眠中の歯ぎしり・食いしばりは、日中に行うものよりも、ずっと強い力になりがちです。強い歯ぎしり・食いしばりが毎晩続くと、被せ物を入れた歯が折れた歯が欠けた・削れたといった問題が起きやすくなってしまいます。

 

そんなあなたにナイトガード!

睡眠中の歯ぎしり・食いしばりは無意識で行われ、自覚的に減らすことができないのが悩みの種。ストレスが原因だとしても、一朝一夕に原因を取り除くのは現実的に難しい場合も多々あります。そこで役に立つのがマウスピースの一種で、就寝中に使うナイトガードです。歯科医院で製作でき、装着して眠ると歯ぎしり・食いしばりの害を確実に減らすことができるスグレものです。

もうひとつ紹介したいのが、睡眠時無呼吸症候群の治療用マウスピースのオーラルアプライアンスです。歯ぎしり・食いしばりの発生には睡眠の質が影響することが明らかになっています。

歯科がご提供するマウスピースで歯ぎしり・食いしばりの害を防ぎ、睡眠の質を上げて、歯とからだの健康を守っていきましょう。

 

※参考書籍 「nico 2015.8 クインテッセンス出版株式会社」

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

まだデータがありません。

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています