検索結果: 院長

原田 智弘(外部スタッフ)

1.余暇の楽しみは? もそもそすること 2.あなたの得意技は? どこでも寝れる 3.今までで一番苦労したことは? 0歳時の手術(覚えてません) 4.あなたにとって一番恐いものは? 外出時の腹痛 5.子供の頃何になりたかっ […]

和井元 咲子(受付兼助手)

1.余暇の楽しみは?少し早めの晩酌   2.あなたの得意技は?ない。   3.今までで一番苦労したことは?出産。   4.あなたにとって一番恐いものは?子供のわがまま   5.子供 […]

マウスピースは上顎・下顎、どちらに装着するか基準はありますか?

通常上顎です。顎は上は動かずに下は動きます。上顎がキャッチャー、下顎がピッチャーと考えてください。動かない方にマウスピースを入れておいた方がよいです。そして下顎は自由に動くようにします。   ※参考書籍 「美し […]

顎関節症治療のマウスピースを装着しても痛みがなくならないのですが・・・。

マウスピースにも症状によって様々なタイプのスプリントがあります。ただ、噛み合わないようにするのがスプリントではありません。症状にあったスプリントを装着し、痛みがやわらいだところで、原因を診断し、治療することをおすすめしま […]

22歳の女性です。先日歯科口腔外科を受診して、顎関節症と診断されました。でもそのお医者さんは、完治することはない、一生マウスピースを装着しなければならないと言っていました。治療に時間はかかってもいいので完治させたいです。一生マウスピース生活は嫌です。

マウスピースで上下の歯を接触させないようにすると症状はとれますが、根本的な噛み合わせの原因は解決できていません。一生マウスピース生活ではなくても、きちんと診査診断をして原因を見つければ解決できるので大丈夫ですよ。 &nb […]

加藤歯科について

院長 加藤 彰 スタッフ 8名 〒750-0016 下関市細江町1-3-2 TEL: 083-231-1182 Email: info@kato.or.jp 院長 加藤 彰 受付時間 平日 午前9:00 – […]

現在妊娠しており授乳中なのですが、レントゲン・麻酔・お薬等は大丈夫でしょうか?

 ●レントゲン撮影 歯科で行われるX線撮影の被爆線量は1年間の自然放射線に比べると、ずっと低いものです。おなかの部分には防護エプロンでカバーしますので、まず心配ありません。 ●麻酔 必ずしも駄目というわけではありませんが […]

顎関節症の治療において、自分でできる療法はありますか?

患者さん自身ができる療法として対象となるものは主に筋肉です。次のような目的があります。 1.筋肉を協調的に働かせること 2.間違った筋肉の使用法を矯正すること 3.動きの悪い関節の動きをよくすること 4.筋肉のリラクゼー […]

筋肉のマッサージについて教えてください。

顎関節、その周りの筋肉の痛みや機能障害を訴える患者さんは、噛むときに使う筋、首や肩の筋に強い緊張を伴うことが多いです。このような場合、筋肉のマッサージは血流を促進し、筋肉を弛緩させ、緊張を取り去り、筋肉が協調的に働くこと […]

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています