検索結果: 麻酔

歯科の局所麻酔について、赤ちゃんへの影響は大丈夫ですか?

歯科の局所麻酔はお産に使われているのと同じ麻酔薬です。赤ちゃんのためにも痛みのストレスを我慢しないようにしましょう。 一般的な歯科治療でもっとも多く使われている麻酔薬リドカインは、無痛分娩や帝王切開にも使われ、妊娠全週で […]

お腹に赤ちゃんがいるのですが麻酔をしても大丈夫でしょうか?

赤ちゃんの気管が形成される妊娠初期から4ヶ月くらいまでは、麻酔は避けたいものです。ただし、麻酔薬自体は帝王切開に使われても赤ちゃんに影響がないことからもわかるように、安全性が確認され、信頼されている薬剤です。この点につい […]

前に麻酔がなかなか効かなかったことがあります。

患者さんの服用しているお薬によっては、麻酔がまるで効かないことがあるので、歯科医師にどんな薬を服用しているかを必ず伝えましょう。 また、残念ながら、炎症が大きくなるほど、局所麻酔が効きにくくなってしまいます。炎症が大きい […]

局所麻酔を受けるときに注意することはありますか?

1.持病はありますか? 高血圧、心臓病、動脈硬化などの持病はありますか?歯科治療で緊張し血圧が上がるなどして体調を崩したり、偶発症を起こしてはたいへんです。持病の様子や治療内容によっては、病院歯科の静脈内鎮静法や全身麻酔 […]

先日歯科医院で麻酔を受けたのですがよく効かず、追加の注射が必要でした。麻酔がなかなか効かなかったのはお酒に強い私の体質のせいでしょうか?歯科医師が下手だったからでしょうか?

いわゆる「歯科の麻酔」の浸潤麻酔は歯槽骨によくしみ込ませなければならず、骨の表面が厚く硬いかたには効きにくいのです。また、炎症がひどい場合も効きにくいです。注射の腕や体質とはまず関係ないでしょう。 ※参考書籍 「nico […]

現在妊娠しており授乳中なのですが、レントゲン・麻酔・お薬等は大丈夫でしょうか?

 ●レントゲン撮影 歯科で行われるX線撮影の被爆線量は1年間の自然放射線に比べると、ずっと低いものです。おなかの部分には防護エプロンでカバーしますので、まず心配ありません。 ●麻酔 必ずしも駄目というわけではありませんが […]

麻酔はどれくらいで切れますか?

個人差もありますが、2~3時間です。

高血圧は薬で下げるな!

高血圧の治療に対する大きな問題点 適切な臨床試験による裏付けにない新基準値、この基準値改定が膨大な「患者」を生む。 日本では適切な臨床試験がほとんどゼロに等しい。 降圧剤の長期の害の問題がきちんと解明されていない。ただ、 […]

外科処置前に痛み止めを飲むのはなぜでしょう?

術後の疼痛管理は、単に患者さんの痛みを取り除くだけでなく、痛みによって二次的に引き起こされる、呼吸・循環器の合併症を予防する効果があります。 また、先取り鎮痛という取り組みも積極的に行われています。手術によって生じた侵害 […]

HPを更新しました!(2016年5月分)

美容コーナー 新記事を追加しました! 「恋をすると顔が赤くなるのはなぜ?~血管と血液の秘密~」を読む   Q&A追加・更新 5月は31件のQ&Aを追加・更新し、総数952件となりました!主に新し […]

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています