ドクター スタンフォード式 最高の睡眠

2017.10.17

短時間睡眠が肥満や糖尿病、高血圧などの生活習慣病に直結する。短時間睡眠は遺伝である。

1日1時間以上の昼寝は認知症や糖尿病リスクを高める。

睡眠が不適切になると、ホルモンバランスが崩れ、免疫の働きもおかしくなる。

日本人の場合、痩せていても睡眠時無呼吸症候群になる。

睡眠時無呼吸症候群とは、1分ごとに、10秒も20秒も、首をグッと絞められたのと同じ状態で眠っているということである。

いびきは口呼吸であり、口呼吸も睡眠の質を下げる。また、これは歯並びにも影響を及ぼす。

よく咬むことは覚醒、睡眠のメリハリがつき、記憶を司る海馬では神経新生も起きる。

※「スタンフォード式 最高の睡眠」 西野精治 サンマーク出版

スタンフォード式最高の睡眠

お探しの情報は何ですか?

2017年12月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー別

月別

過去のブログを見る

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています