検索結果: 麻酔

麻酔が効いているのにおなかがすいたら?

麻酔を打つと、個人差はありますが、長くて2~3時間はしびれた感じが残ります。局所麻酔がまだいくらか効いているときには、飲食はしないほうが無難です。感覚が麻痺しているので、温度がわからずひどいヤケドをしてしまうことがありま […]

先日、むし歯の治療で麻酔を受けました。そうしたら、針を刺したあたりが少し痛く、噛むたびに歯が浮くような感じもします。注射の仕方が下手だったのでしょうか?

お口のなかにはばい菌がたくさんいるので注射の傷に軽い炎症が起きているのでしょう。とくに歯根膜に注射をすると、よく効くかわりにしばらく歯が浮くような感じになります。数日で症状は消えるのでご安心ください。 ※参考書籍 「ni […]

インプラントの手術は全身麻酔で行うのですか?

インプラントの手術は、通常は「局所麻酔」という歯肉の部分だけの麻酔で行います。 河口

麻酔後1日たってもまだしびれるのですが…?

大学病院などのペインクリニックに行くことをおすすめします。麻酔注射がもとで起こることは大変まれですが、神経が傷付いてしまった可能性があります。 多くの場合はビタミン剤の服用で回復しますが、まれに手術で神経をつなぐこともあ […]

子供の麻酔で気をつけることは?

小さなお子さんや障害のあるかたなどで、麻酔後にピリピリするくちびるが面白くて、手でいじったりチュウチュウと吸ったりしてしまうことがあります。 あまりすると、くちびるが内出血したり、腫れあがったりしてあとでたいへん痛いので […]

局所麻酔をしたくないので、痛みを我慢しながら治療したいのですが・・・。

局所麻酔をせずに痛みを我慢していると、歯髄神経の発芽・増生を惹起します。その結果、象牙質の痛みの受容野が拡大、重複し、痛みに過敏な状態を作ることになります。 ※参考 「下野正基エンドセミナー」

治療中にチクッとしたのですが、なぜ麻酔をしなかったのですか?

麻酔は痛みを一時的に隠します。生体の示してくれるサインが消えるので、治療を遠慮なく進めることができます。つまり麻酔をすると、治療しすぎてしまう傾向があるのです。 その結果、ファイルが歯根の先端をつきぬけ、かえって細菌を歯 […]

体調が悪いのですが麻酔をしても大丈夫でしょうか?

体調が悪いときは、できれば歯科の治療は避けたほうがいいでしょう。ただでさえ、歯科の治療の際には緊張しますし、血圧が上がったり、ドキドキしたりするかたは多いのです。 無理をなさらず、事情を話して予約日を変更してもらいましょ […]

持病があるのですが麻酔をしても大丈夫でしょうか?

問診表や、診療のなかでの問診で、病気のことや、飲んでいるお薬のことなどについて、かならずお教えください。麻酔薬の成分が影響することもないとはいえません。 ことに高血圧症や心臓病、動脈硬化、重篤な糖尿病のかたは注意が必要で […]

歯医者さんで注射をするとクラクラと気分が悪くなります。麻酔のアレルギーじゃないかととても心配です。

麻酔が必要なとき、アレルギーを心配するかたはよくおられます。しかし、麻酔でいのちが危険なほどアレルギーが起きる頻度は、じつはきわめて少ないと言えるでしょう。その後気分が落ち着かれてご自分で歩いて帰れたならまずアレルギーで […]

お探しの情報は何ですか?

オススメ情報ランキング

まだデータがありません。

医院情報

医院写真

〒750-0016
山口県下関市細江町1-3-2
TEL 083-231-1182
E-mail info@kato.or.jp

アクセスマップ

受付時間(日曜・祝日定休)
平日/午前9:00~ 午後6:30
木曜・土曜/午後1:00まで

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています