検索結果: ホワイトニング

ホワイトニングは歯の健康にもいいと聞きましたが、本当ですか?

その通りです。殺菌、再石灰化も期待できます。 歯のホワイトニングのルーツは、歯周病菌を過酸化水素で除菌するという歯周病の治療法。ホワイトニングの薬剤には漂白作用とともに殺菌作用もあり、むし歯菌や歯周病菌のリスクの軽減にと […]

ホワイトニングの効果とともに歯の健康を長期的に持続するためにはどうしたらよいですか?

現在歯科では、歯の健康を長期的に守るため、定期的なメインテナンス(検診+クリーニング)を強くおすすめしています。定期的にメインテナンスを受けると、歯の色の後戻りを遅らせることができるのはもちろん、歯の健康維持や、ひいては […]

ホワイトニングを避けた方がよいケースを教えてください。

重度の知覚過敏症の方 無カタラーゼ症の方 妊産婦や授乳中の方 お子さんや若年者 重篤な呼吸器疾患の方 (ホームホワイトニングは可能) 光線過敏症の方(光を照射しないホワイトニング〈主にホームホワイトニング〉は可能) &n […]

ホワイトニングが困難なケースを教えてください。

いくつかありますので、以下を参照してください。 1.エナメル質や象牙質が形成不全の歯 痛みの原因になったり、白く目立ってしまう場合があります。 2.深い亀裂やむし歯の穴の開いた歯 痛みの起きるおそれがあり、事前に治療が必 […]

ホームホワイトニングのメリット・デメリットを教えてください。

ホームホワイトニングとは、ご自宅で行っていただくホワイトニングです。 1日2時間×2週間の使用が目安です。 メリット チェアタイム(診療時間)が短くてすむ 通院回数が少ない 好きな時間にできる 知覚過敏が起きる可能性が比 […]

ホームホワイトニングの注意点を教えてください。

1.つけ過ぎはもったいない つけ過ぎはジェルの無駄です。用量どおりにお使いください。装着時にトレーからこぼれた薬剤は、ティッシュや綿棒で拭き取りましょう。また、2時間以上装着し続けても、薬剤の働きが薄れるため、それほど効 […]

ホワイトニングを考えています。治療後の知覚過敏を防ぎ、白さを保つコツを教えてください。

ホワイトニング後のペリクル(唾液のたんぱく質でできた膜)のない裸の歯は、様々な物質が作用しやすい状態にあります。そのため、知覚過敏や着色が起きやすいのですが、一方で、再石灰化が進みやすいという状態でもあります。 &nbs […]

ホワイトニングの後戻りを遅らせるにはどういうところに気をつけたらよいですか?

1.飲食物にご注意を! ホワイトニング後、少なくとも3~4時間は着色しやすい飲食物をとるのはやめましょう。24時間とらないのが実は理想ですが、むずかしい場合もあると思います。できるだけ気をつけるようにしてください。酸っぱ […]

ホワイトニングは詰め物や被せ物も白くできるの?

ホワイトニング剤は天然歯にだけ効果を発揮するため、詰め物や被せ物の色は変わりません。このようなお悩みをお持ちの方は、まずホワイトニングで天然の歯をご希望の白さにし、施術完了後にその歯の色に合わせてセラミックなどの白い詰め […]

お探しの情報は何ですか?

関連記事

このページを見た人は以下のページも見ています